スポンサーリンク

【NFTコレクター必見】「MetaMask」PayPalと提携、PayPalからイーサリアムが購入可能に【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【「MetaMask」PayPalと提携、PayPalからイーサリアムが購入可能に】



Webブラウザの拡張機能やスマホアプリとして利用できる仮想通貨専用のWebウォレット「MetaMask」は、米国のMetaMaskユーザーがアプリ内から、デジタル決済サービス「PayPal」を使用してイーサリアム(以下、ETH)を購入できるようになることを発表しました。

スポンサーリンク

MetaMaskでのETH購入にPayPalでの支払いが対応

MetaMaskユーザーは、PayPalからMetaMaskへのETHのシームレスな購入や転送ができるようになります。

現在、この新機能はアメリカの一部のユーザー向けにリリースされ、日本での展開は未定となっています。

PayPalでMetaMaskウォレットにETHを追加する方法
・MetaMaskモバイルアプリにログイン
・購入ボタンから「PayPal」を選択

・ウォレットに追加するETHの希望額を入力

PayPalからのETH購入は、現時点ではMetaMaskのモバイルアプリからのみ可能となっています。
しかし、2023年第1四半期には、デスクトップブラウザの拡張機能として使用可能になる見込みだそうです。

ブラウザの拡張機能では、すでにMoonPayやCoinbasePay、Wyre、そしてTransakといった手段で、ユーザーが仮想通貨を直接購入することが可能です。

MetaMaskのプロダクト責任者は、「PayPalとの提携でユーザーが簡単にWeb3の世界に進出することができるようになる」と述べています。

MetaMaskとPayPalの提携が意味することとは

今回の提携の目的は、MetaMaskモバイルアプリ内の支払いオプションを多様化することです。
MetaMaskに資金を転送する際、暗号資産取引所を使用することを難しいと感じているユーザーにとって、より簡単にETHを購入することができる手段になります。

ETHはWeb3の核となっており、ブロックチェーン上の多くのDeFiのプロジェクトで必要とされます。
MetaMaskの新機能は、ユーザーのWeb3への進出を促進することとなるでしょう。




参考元はこちら

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました