スポンサーリンク

【メタバース】gumiがSBIホールディングス及びスクウェア・エニックス・ホールディングスと戦略的資本業務提携により、総額70億円を資金調達【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
メタバース
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、国内メタバース関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【gumiがSBIホールディングス及びスクウェア・エニックス・ホールディングスと戦略的資本業務提携により、総額70億円を資金調達】


株式会社gumi(東証プライム3903、以下「当社」)は、SBIホールディングス株式会社(東証プライム8473、以下同社グループを総称して「SBIグループ」)及び 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(東証プライム9684、以下同社グループを総称して「スクウェア・エニックス・グループ」)と資本業務提携契約を締結し、第三者割当増資にて総額70億円の普通株式を発行することを2022年12月22日に決議しました。
払込日は2023年1月11日を予定しています。なお、払込日において自己株式も消却されます。


本件資金調達により強固な財務基盤の構築が出来るとともに、SBIグループ及びスクウェア・エニックス・グループとの共創関係を構築させることで、当社メタバース事業をこれまで以上に加速度的に成長させ、更なる企業価値の向上に取り組んでいきます。

スポンサーリンク

戦略的資本業務提携の背景、目的

当社グループは、現在の収益の主軸であるモバイルオンラインゲーム事業に加え、メタバース事業(※)を第2の収益の柱にすべく、日夜取り組んでおります。


メタバース事業が属する領域はブロックチェーン等の新しいテクノロジーを活用したサービスが次々に生み出され、市場が急速に拡大しています。
当社グループは、これまでNFTゲームである「ブレイブ フロンティア ヒーローズ」を配信しておりますが、今後さらに本格的なブロックチェーンゲームの開発・配信にあたって、当社グループの技術力のみならず、トークン発行やトークンエコノミー形成等のノウハウが必要となります。
また、将来的には誰もが認める有力コンテンツの活用等も視野に入れつつ、これまでの投機性の高いブロックチェーンゲームから脱却し、「楽しみや感動を味わいながら、価値までも創造していく」という「Wow and Earn」を実現するブロックチェーンゲームを創出することが、全世界のゲームユーザーにとって必要であると強く認識しています。


この新たな価値を創造するために、金融のノウハウを有するSBIグループ、そして有力IP・コンテンツ開発力を有するスクウェア・エニックス・グループとの戦略的資本業務提携を行います。

※メタバース事業ー主にブロックチェーンゲーム等のコンテンツ開発、ファンド投資、ノード運営を行っています。

業務提携の内容

① SBIホールディングスとの業務提携の内容

Ⅰ.ブロックチェーン関連コンテンツの開発・運用・販売における提携
(1)当社グループが有するゲーム開発・運用ノウハウを活用したハイクオリティで長期運営が可能なゲームコンテンツと、SBIグループが有するトークン(※)上場等に係るノウハウを掛け合わせることで、ゲーム内で使用されるトークンをSBI VCトレード株式会社や株式会社ビットポイントジャパン等の暗号資産取引所に上場させることを目指していきます。現在、ゲーム内で使用されるトークンの多くは海外の暗号資産取引所で流通していることから、国内のゲームユーザーにとって利便性が低い状況にあり、国内市場を活性化させるにあたっては、国内の暗号資産取引所での上場が不可欠であると考えております。

(2)更に、ブロックチェーンゲーム専用のプラットフォームやNFTマーケットプレイスの設立等も既に検討しており、両社の協業により、ブロックチェーンゲームの開発・配信から、トークンやNFTの販売・流通に至るまでをワンストップで展開し得るサービスの提供を目指していきます。

※既存の暗号資産プラットフォームのシステムを間借りする形で存在する通貨で、独自のブロックチェーンを持たない通貨を指します。

Ⅱ.Web3.0領域のネットワークの相互活用による提携
SBIグループや当社グループが手掛ける投資ファンドや出資を行う事業会社への共同投資に加え、当社グループがネットワークを有する上場有力トークンに対して、SBIグループによる上場支援、SBIグループのネットワーク活用によるノード運営事業拡大等、様々な事業連携を行っていきます。

Ⅲ.金融商品開発・販売における提携
当社グループが開発するゲームや保有する版権を裏付け資産としたST(セキュリティ・トークン(※))の発行及びSBI証券の顧客に対する販売の検討や、SBI証券の顧客に対し、ゲーミングの要素を取り入れた投資体験を提供するべく、当社グループからのノウハウ提供等を検討していきます。また、SBIグループが有する4,000万人の顧客基盤と当社が有するユーザー基盤を相互に活用し、企業価値を向上させます。

※ブロックチェーンで管理された、デジタル化された証券を指します。

Ⅳ.Web3.0領域を取り巻く事業環境の整備推進に向けた提携
当社グループとSBIホールディングスは、Web3.0領域における更なる産業発展と、課題解決に向け、コンテンツ提供や広報宣伝活動等を通じ、一般消費者へのWeb3.0の認知拡大に向けた取り組みを推進するとともに、関係省庁等とも緊密に連携をしながら、事業環境の整備(税制等に係る提言を含む。)の推進を図る予定です。

② スクウェア・エニックス・ホールディングスとの業務提携の内容

Ⅰ.モバイルオンラインゲーム及びブロックチェーンゲームの開発・配信に係る提携
スクウェア・エニックス・グループが有するグローバルにおけるゲームパブリッシュ力やマーケティングノウハウに、当社グループが有するゲーム開発力、長期運用力及び海外展開ノウハウを掛け合わせることで、ハイクオリティのモバイルオンライン及びブロックチェーンゲームを開発し、早期のグローバル展開を図っていきます。

Ⅱ.ブロックチェーンゲーム専用プラットフォームの設立検討に向けた提携
ブロックチェーンゲーム専用プラットフォームの共同設立等を通じ、新たな形でのブロックチェーンゲームの提供やエコシステムの形成を目指すべく、様々な取り組みの検討を推進していきます。

Ⅲ.Web3.0領域のネットワークの相互活用による提携
両社がネットワークを有するWeb3.0領域のグローバルな有力企業やプロダクトに対する共同投資や協業機会の提供、Web3.0領域に関連する省庁や業界団体等への働きかけ等により、税制等の事業環境の整備を行っていきます。

会社概要

SBIホールディングス株式会社

金融サービス事業、資産運用事業、投資事業及び暗号資産事業から構成される金融分野の事業を核に、Web3.0関連事業等の今後の急成長が期待される先進的な事業を次々と展開しており、Web3.0における制度・インフラ構築を積極的に推進しています。
直近では、NFTマーケットプレイス事業への進出や、次世代の金融商品として注目されるセキュリティ・トークンの発行・流通市場の整備にも注力し、日本のWeb3.0業界を牽引しています。

会社名SBIホールディングス株式会社
所在地〒106-6019東京都港区六本木一丁目6番1号
代表者代表取締役会長兼社長 北尾 吉孝
設立1999年7月8日
事業内容株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営等
URLhttps://www.sbigroup.co.jp/
会社概要

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス

エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なコンテンツ/サービスのヒット作品を生み続けるリーディングカンパニーであり、当社グループの自社IPの代表作には「ファイナルファンタジー」シリーズ(同1億7,300万本以上)、「ドラゴンクエスト」シリーズ(累計出荷・ダウンロード販売本数8,500万本以上)、「スペースインベーダー」シリーズなどがあります。
最高の「物語」を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献していきます。

会社名株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
所在地〒160-8430東京都新宿区新宿六丁目27番30号
代表者代表取締役社長 松田 洋祐
設立1975年9月22日
事業内容株式等を所有することを通じた企業グループの経営管理等
URLhttps://www.hd.square-enix.com/jpn/
会社概要

株式会社gumi

2007年の創業以来、モバイル端末向けSNSの開発から始まり、フィーチャーフォン向けアプリの開発、そして現在では主力のモバイルオンラインゲームの開発・運用に加え、メタバース領域(ブロックチェーンやXR)で投資やコンテンツ開発等を行い、業容を拡大させています。
今後とも、企業理念「Wow the World!」に基づき、すべての人々に驚きと感動を創り届けます。

会社名株式会社gumi
所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿四丁目34番7号
代表者代表取締役社長 川本 寛之
設立2007年6月13日
事業内容モバイルオンラインゲーム事業、メタバース事業
URLhttps://gu3.co.jp/
会社概要




(参考)
資本業務提携の詳細については、以下URLをご参照ください。
適時開示:
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3903/tdnet/2217495/00.pdf
ファイナンス補足説明資料:
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3903/tdnet/2217499/00.pdf




参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました