スポンサーリンク

【仮想通貨】Chiliz&Socios:試合で使用された本物のグッズを提供する「GameUsed」を発表【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【Chiliz&Socios:試合で使用された本物のグッズを提供する「GameUsed」を発表】



チリーズ(Chiliz/CHZ)が運営するファン投票&報酬アプリ「Socios.com」は2022年12月19日に、試合で実際に使用された本物のグッズに関連付けられたNFTアイテムなどを提供する新サービス『GameUsed』を発表しました。このサービスでは「試合で使用された各種アイテムに特別な付加価値をつけた商品」が提供されることになっています。

スポンサーリンク

NFT・NFCチップを活用して「特別な記念品」を提供

チリーズ(Chilliz/CHZ)が運営するファン投票&報酬アプリ「Socios.com」は2022年12月19日に、試合で実際に使用された本物のグッズに関連付けられたNFTアイテムなどを提供する新サービス『GameUsed』を発表しました。

GameUsedは、Chiliz独自の最新ブロックチェーン「Chiliz Chain 2.0」の技術を用いて試合で使用された記念品を認証して、ファンの人々がアクセスできるようにするChilizの新サービスとなっており、これによってChilizが提携するスポーツクラブは関連グッズをブロックチェーン上に登録して、コレクターに提供することが可能になるとされています。

具体的には「NFT」や「NFCチップ」を活用するケースが紹介されており、活用例としては『選手がゴールを決めた時に使用したボールにNFCチップを埋め込んで、スマホで読み取るとゴールのリプレイが表示されるようにする』『試合で使用したジャージのQRコードをスキャンすると、その時の試合のハイライトシーンを見れるようにする』などが挙げられています。

GameUsedで入手可能なグッズの例としては「試合で着用したシャツ・公式試合球・試合で使用されたスポーツ用品」などが挙げられており、これ以外にもズボンやソックスなど試合で実際に使用された様々なアイテムに付加価値をつけて提供できることが説明されています。

このような記念品では「それが本物であるかどうか」が重要になりますが、GameUsedで提供される各種グッズの情報はブロックチェーン上に記録されているため、スポーツクラブ・コレクター・ファンなどはそれらのグッズが本物であることを確認することができる仕組みとなっています。

GameUsedを通じて作成されたNFTコレクションは「グッズ提供者の公式ストア」や「NFTマーケットプレイス」で販売されるとのことで、GameUsedは一連の記念品の物流・保管・配送など全てを担当することになると説明されています。GameUsedの詳細は、以下の公式サイトなどで確認することができます。




参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました