スポンサーリンク

【NFT】「ナカジマみかんNFTシリーズ」、第2弾で中島出身のイラストレーター田所哲平氏とコラボレーション!【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、国内NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【「ナカジマみかんNFTシリーズ」、第2弾で中島出身のイラストレーター田所哲平氏とコラボレーション!】



農業ブランディングサービスを展開する「株式会社農情人(本社:千葉県船橋市、代表取締役:甲斐雄一郎)」が運営する農業支援組織「Metagri研究所」は、愛媛県松山市中島における「ナカジマみかんNFTシリーズ」第1弾を2022年12月22日(木)から販売し、即日で完売を実現しました。シリーズ第2弾として、中島出身のイラストレーター田所哲平とのスペシャルコラボレーションNFTを1月4日よりオークション形式で販売いたします。

スポンサーリンク

アートでつながる中島をテーマにした「ナカジマみかんNFTシリーズ」

中島は愛媛県松山市の北西沖合、瀬戸内海に浮かぶ怱那諸島(くつなしょとう)の中心的な島です。
柑橘の栽培が盛んで、果樹栽培の生産量は国内有数の産地でもあります。


そんな中島と世界をむすぶのは、オンライン上の新たな交流手段として注目を浴びるメタバース(仮想空間)です。
中島の名産である柑橘や六次産業化(アロマオイルなど)による商品をオンラインで販売することで、新たな市場の開拓を目指し、またオンラインのコミュニティを現地におけるオフラインの体験につなげ、関係人口創出にも取り組みます。

公式サイト:https://meta-iyokanjima.net/

メタ中島コミュニティによるプロジェクトの一つとして、Metagri研究所は中島で生産されたみかんとNFTを掛け合わせた「ナカジマみかんNFTシリーズ」の発行します。
NFTをきっかけとした”つながり”により、DAO(自律分散型組織)のコミュニティ運営支援も手掛けることで関係⼈⼝創出を目指します。

「ナカジマどんなNFT」の1点モノNFTオークション

ナカジマみかんNFTシリーズ第2弾では、愛媛県松山市中島出身のイラストレーター田所哲平とのスペシャルコラボレーションNFTをオークション形式で販売いたします。

NFTオークション概要

日時開始 2023年1⽉4日 19:00、終了 2023年1月5日 18:59
内容ナカジマどんなNFT
点数1 点
価格0.01WETHからオークション形式
マーケットプレイスOpenSea
販売ページhttps://opensea.io/collection/nakajima-mikan-nft
概要

イラストレーター 田所哲平

フリーのイラストレーターとして活動。
ヴァンガード、Z/X、ガンバライジング、デジモンカードゲーム、『氷結系こそ最強です』挿絵などを手掛ける。
Twitter:@tadokoro_t

「ナカジマみかんNFTシリーズ」概要

「ナカジマみかんNFTシリーズ」購入方法

2022年12月~2023年3月の期間内に総計30点の「ナカジマみかんNFTシリーズ」を販売します。
NFTは世界最大のマーケットプレイス「OpenSea」で購入可能です。
OpenSea:https://opensea.io/collection/nakajima-mikan-nft

「ナカジマみかんNFTシリーズ」は中島で生産したみかんとのセット販売です。
一次流通での購入後、2週間以内にメタ中島コミュニティ(Discord)の限定チャンネルよりお届け先をお知らせください。
※二次流通以降の取引においては、みかんとNFTはセットで提供していない点をご留意ください。

メタ中島コミュニティ関連URL

Discord:https://discord.com/invite/bgUrmXGm6d
Twitter:https://twitter.com/metanakajima
Metagri研究所内サイト:https://metagri-labo.com/rural_development_nft/

販売スケジュール

アートでつながる中島をテーマにした「ナカジマみかんシリーズ」の発売スケジュールは次の通りです。


・2023年1⽉4日(水)19時~ 「ナカジマどんなNFT」の24時間限定オークション実施
・2023年1⽉14日(土)21時~「ナカジマいよかんNFT」を”伊予柑の日”に14点限定販売スタート 
・2023年2⽉4日(土)21時~ 「ナカジマはるみNFT」を”立春の日”に12点限定販売スタート

NFTユーティリティ

NFTホルダー特典として、メタ中島コミュニティ内の限定チャンネルへの参加が挙げられます。
また、メタバース空間「メタ・イヨカン島」でのイベントや中島における「いよかんサウナ」への参加、中島特産の柑橘類や関連商品の割引購入といったユーティリティを付与していく予定です。

NFTの詳細

・コレクション名
Nakajima Mikan NFT(NMN)

・使用チェーン
Ethereum(イーサリアム)ネットワーク

・NFT規格
ERC721

・注意事項
ナカジマみかんNFTシリーズは売買が可能なNFTです。
特定商取引法に基づく表示:https://metagri-labo.com/specific-trade-law/
※NFTの購入方法や、NFTとセットで提供するみかんの受け取り方法が分からない方は、次の お問い合わせフォームよりご連絡ください。
問い合わせ先:https://metagri-labo.com/contact/

日本最大級を目指す農業NFTコミュニティ「Metagri研究所」

Metagri研究所は「農業×ブロックチェーン」をキーワードに”持続可能な農業”の実現に取り組むコミュニティです。
失敗を恐れずに、新たな社会実験に取り組む姿勢を大切にしたいという意味を込めて「研究所」としています。
Metagri研究所公式サイト:https://metagri-labo.com/

リンゴ、イチゴ、メロン、ブドウ、マンゴー、トマト、コーヒー……
あらゆる農作物にブロックチェーン技術を掛け合わせて、持続可能な農業の実現を目指します。


具体的には次のような取り組みを予定しています。
・NFTホルダー限定のオンラインイベントの企画と運営
・新たな農業とNFTを掛け合わせた実験
・独自トークン発行による農業活性化を目指す「farm-to-earn」モデル
・NFTによる農業支援プラットフォーム
・NFTの2次流通&3次流通による収益化システム

愛媛県デジタル実装加速化プロジェクト「トライアングルエヒメ」

本事業は、令和4年度 愛媛県デジタル実装加速化プロジェクト「トライアングルエヒメ」の採択事業として実施するものです。

事業概要

愛媛県内を実装フィールドとして、多様な産業領域における地域の課題に対して、愛媛県が⺠間事業者(コンソーシアム含む)から企画提案を募集し、デジタル技術の実装や県内への横展開の実現性などの⾼い提案を採択します。
採択プロジェクトには、現地の事業者とコンソーシアムを組成、課題解決につながるデジタル・ソリューションの実装検証を⾏います。
事業の詳細についてはWEBサイトをご覧ください。
https://dx-ehime.jp/

「Metagri研究所」運営元企業情報

商号 株式会社農情人
URLhttps://noujoujin.com/
提供サービス(一部)農業マーケティング支援、農業×ブロックチェーンの企画開発、書籍出版
本件についてのお問い合わせinfo@noujoujin.com
本リリースについてのお問い合わせは、メールでのみ受け付けております。ご了承ください。
概要





参考元はこちら

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました