スポンサーリンク

【仮想通貨×NFT】Kraken NFT「パブリックベータ版」公開|日本ユーザーは利用できるのか【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【Kraken NFT「パブリックベータ版」公開|日本ユーザーは利用できるのか】



暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」は2022年12月22日に、同社が提供するNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」のパブリックベータ版がリリースされたことを発表しました。
Kraken NFTは日本居住者に向けにも提供される予定となっています。

スポンサーリンク

将来的には日本でも提供予定

Kraken(クラーケン)は2022年12月22日に、同社が提供するNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」のパブリックベータ版がリリースされたことを発表しました。

Kraken NFTは、Krakenのアカウントを利用して世界中のNFTコレクションを簡単に購入・販売・保管できるKraken独自のNFTマーケットプレイスであり、今年5月には事前登録受付を開始、11月には事前登録者向けにベータ版の提供が開始されていました。

今回リリースされたパブリックベータ版は日本では利用できない状態となっているものの、Kraken Japanは今年8月に『Kraken NFTがまもなく日本でも提供開始される』と報告しているため、将来的には日本居住者もKraken NFTを利用できるようになると期待されます。

Kraken NFTを利用するためには暗号資産取引所「Kraken」の口座開設が必要となりますが、Kraken NFTはNFT売買時のガス代が不要で、Kraken口座から法定通貨/仮想通貨で購入可能、NFTもKrakenアカウントで管理でき、NFTのレアリティスコアなども提供されると説明されています。


Kraken NFTは記事執筆時点で日本からは利用できないものの、サービスの詳細やリストされているNFTの種類などはKrakenの公式サイトから確認することができます。


>「Kraken Japan」の公式発表はこちら
>「Kraken Japan」の公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました