スポンサーリンク

【仮想通貨】レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がサービス開始【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がサービス開始】


他のチェーンやインターネットからのデータを利用してアプリケーションを構築するブロックチェーンFlareは2023年1月9日午後11時59分UTCに、待望のトークンエアドロップを完了。
Binance、OKX、Kraken、Bithumb、UpBit、Kucoin、BitBankなどのユーザーを含む数百万人に42億7,900万のFlare(FLR)トークンを配布、仮想通貨史上最大規模のエアドロップとなりました。

今回のエアドロップによって、開発者はFlareのEVMとネイティブデータ取得プロトコルである「State Connector」と「Flare Time Series Oracle」を利用できるようになり、Flareにとっては重要なマイルストーンとなります。
ネットワークによって保護されたこれらのネイティブプロトコルが、他のブロックチェーンやインターネットからの高信頼性データへの分散型アクセスを提供、新しいユースケースやマネタイズモデルの創造を実現します。

スポンサーリンク

コメント

「Flare」のCEO兼共同創業者であるヒューゴ・フィリオン(Hugo Philion)氏は、次のように述べています。

ブロックチェーン業界を盛り上げるには、さらに便利な分散型アプリケーションが必要である。
Flareは、価格だけでなく、取引の詳細やWeb2イベントなどのデータを通じてこれに取り組み、開発者が多くのユーザーに実用性を提供するアプリケーションを構築できるようにする。

Flareの目的は、開発者がより多くのデータに安全にアクセスするアプリケーションを構築できるようにすることだ。
他のチェーンで行われた支払いや、インターネット/Web2 APIからの入力でFlareスマートコントラクトのアクションをトリガーするなど、新しいユースケースの構築が実現する。
また、ブリッジングの新しい方法、特にスマートコントラクト以外のトークンをFlareに導入し、DeFiプロトコルなどのアプリケーションで使用することが容易になる。

概要

FlareのState Connectorプロトコルは、Flareのスマートコントラクトで情報を安全、スケーラブルかつトラストレスに利用することを可能にします。
これにより、ネットワーク上で最も強力なクラスのデータを提供し、より多くのクロスチェーンソリューションが構築できます。
State Connectorは、分散化された認証者とバイナリフォーキングプロトコルを組み合わせることで悪意のあるデータプロバイダーの大多数の正当性を疑い、その安全性を生み出します。
データプロバイダーが価値をステークすることを義務付けられるプルーフオブステークベースのシステムとは異なり、State Connectorのセキュリティはシステムでステークされた金額で制限されることはありません。
つまり、State Connectorはトランザクションの大きさに対して安全性が不変であり、大量の価値を扱うことができる安全なシステムを提供するのです。

Flare Time Series Oracle(FTSO)は、ネットワーク構造を利用し、中央集権型データプロバイダーに依存することなく、高度に分散化された価格とデータ系列をFlareのDappsに提供します。
FTSOは高度に分散化されたデータフィードオラクルであり、約100の独立したデータプロバイダーが、3分ごとに信頼できるデータを提供し、インセンティブを受けます。

Flareトークンの配布は、全公開トークンの最初の15%に相当、残りは36カ月にわたって毎月配布される予定です。
残りの85%のトークンの配分は、Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)のコミュニティ投票の結果によって決定します。

Flareについて

Flareは、開発者がブロックチェーンやインターネットと相互運用できるアプリケーションを構築できるレイヤー1オラクルネットワークです。
整合性の高いデータへの分散型アクセスを提供することで、新しいユースケースやマネタイズモデルを実現します。

FlareのState Connectorプロトコルは、Flare上のスマートコントラクトで、他のブロックチェーンやインターネットからの情報を安全、スケーラブルかつトラストレスに利用することを可能にします。

Flare Time Series Oracle(FTSO)は、ネットワーク構造を利用し、中央集権型データプロバイダーに依存することなく、高度に分散化された価格とデータフィードをFlare上のDappsに提供します。

ぜひ、これまで以上に多くのデータをFlareで構築し、複数のエコシステムに対応するアプリケーションの構築にFlareを活用していただきたいです。


Website
Twitter
Telegram
Discord

コメント

タイトルとURLをコピーしました