スポンサーリンク

【NFT】NFTを活用した新しいアート所有のカタチで、裾野を広げるサービス「KAMADO CHOCHIN」β版をリリース【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、国内NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【NFTを活用した新しいアート所有のカタチで、裾野を広げるサービス「KAMADO CHOCHIN」β版をリリース】


株式会社KAMADO(本社:東京都世田谷区、代表取締役:柿内奈緒美、以下 KAMADO)は、新しい所有のカタチでアートの裾野を拡げる「KAMADO CHOCHIN」のβ版をリリースし、本日12時よりNFTアートの販売を開始します。
「KAMADO CHOCHIN」で、これまでアートの購入に対して壁を感じていた層に対して、アートやアーティストとつながる仕組みを作ります。

スポンサーリンク

サービス背景①:文化が拡がらない日本美術業界の構造

日本は経済面では世界3位の国ですが、文化面では世界のアート市場7兆円の内、2.9%の2,500億円です。
また国の文化予算も各国に比べて大変低い数字です。
アート市場世界1位の国、アメリカには美術館、ギャラリー、メディア、評論家、オークション会社が協力し、市場を盛り上げる為の経済システムがあり、アートやアート関連品を多くの人が購買を行う土壌があります。
そして土壌がある事でアートへのリテラシーやリスペクトが根付いてます。
日本には構造的にアメリカのような仕組みがないので、拡大しにくい状態です。

サービス背景②:現状の業界構造でカバー出来てない層へアートのきっかけを

日本国内のギャラリーはアーティストのマネージメント/コレクターとの丁寧なやり取りを世界・国内の富裕層向けを主としてビジネスを行ってます。
これは大変、大切な事です。
ですが、潜在層を含めて富裕層ではない一般層の人は鑑賞教育不足により気軽にアートに触れる環境がなかった事で「何かアートを購入したい」と思った最初のハードルの高さが現状の課題です。
KAMADOではNFTアートをアーティストとつながるチケットと考え、KAMADO CHOCHINにて顕在層・潜在層への購買きっかけを作り、ひいてはアート業界への貢献を行っていきます。

サービス特徴

KAMADO CHOCHINは「NFTアートを購入してフィジカル(実物の)アートが抽選で当たるプラットフォーム」です。


【CHOCHIN内で利用するワードの説明】
フィジカルアート・・・実物として物体のある作品のこと。
NFTアート・・・フィジカルアートを元に作られたNFTで一点づつ管理されているデジタルアートのこと。(ただしライセンスの活用によってプリントすることが可能)


関連URL:https://kamado-japan.com/about-chochin/

サービス概要図

サービス第一弾アーティストについて

現代アーティスト 若佐慎一さんの個展にて展示される作品を含めた2点を初回にご登録いただきました。
【販売期間】2023年1月12日12時〜2月28日23時59分まで

SHINICHI WAKASA “Lucky cat-sama”


若佐 慎一/SHINICHI WAKASA
1982年広島生まれ。
広島市立大学大学院博士課程(日本画)満期退学。
大学で日本の伝統画法を学び、学部卒業制作を同大学の首席に当たる「買い上げ」となる。
卒業後、月刊美術主催公募展「デビュー」にて準グランプリ受賞。
日本の風土と宗教観をテーマに、漫画やゲーム、アニメの特徴とされる要素を作品内に取り込み制作する。
活動は国内外問わずその場を広げ、京都伝統工芸の「長艸繡巧房」に原画提供や、NYのファッションブランド「sawa takai 」、アイドルグループでんぱ組.incの相沢梨紗が手がける「MEMUSE」とのコラボ、そして、メディアアーティスト落合陽一、デザイナー串野真也と共にファッションブランド「凄い若い」を立ち上げるなど多岐にわたる活動を見せる。
栃木県立美術館、広島市立大学、円覚寺塔頭龍院庵、作品所蔵。


若佐さんの個展についてはこちらのリンクをご覧ください。
【個展】2023年2月10日〜16日、東京・千代田区のkudan house
URL:https://www.shinichiwakasa.com/uoyukeba

今後の展望

今後もフィジカルで活動している現代アーティストに参画頂きます。
1月中に2人目のアーティストのNFTアート販売がスタートし、プラットフォームとしていつでもアーティストのNFTデジタルアートが購入でき、抽選でのプレゼントが実施される状態になる予定です。
今回のβ版リリースを経て、正式プロダクトのリリースを2023年5月に予定してます。
また2023年内にNFT流通総額 3,000万円を目指します。

代表 柿内奈緒美コメント

KAMADOはこれまでアート系ウェブマガジンの運営、また法人寄付が起点となる若手アーティストの支援プロジェクトなどを実施してきました。
今回、より多くのユーザーとアート・アーティストがつながる仕組み「CHOCHIN」を立ち上げました。

突然ですが、皆さんはアートに対してどんなイメージを持ってますか?
「高そう」「難しそう」アート業界を知る前の私はそう思ってました。
まずアートを購入しようと思っても、どこで何を買えばいいのかも分からなく、もしSNSやネットで欲しいと思うアーティストを見つけたとします。ですが、そのアーティストがタイミングよく個展を開催していることは稀です。もし個展とのタイミングが合いギャラリーへ行けたとしていきなり数万、数十万円する作品を購入するのもなかなか心理的にハードルがあります。

アートを欲しいと感じた時に「もうすこし気軽にアート・アーティストとの関係構築のきっかけとなるサービスを作りたい」この想いがCHOCHINの基盤になってます。

またアーティスト側もギャラリーやアートフェアなどで販売するだけでは、現状の日本アート市場のままでは限界があります。新しいアート販売の仕方でコレクター層の新規開拓、個展への集客、今後のきっかけ作り、そしてインターネット/NFTならではの強みとして世界中の人たちへと認知を拡げていくサービスとしてご利用して頂けたら幸いです。

文化が育つ基盤「文化の土壌を創ること」がKAMADOのミッションです。
そして、一人ひとりの個性が花ひらく百花繚乱の世界をつくっていきます。

サ活ならぬ、アートを楽しむ活動「KAMADOのア活」を多方面にご提案していきます。

是非お楽しみください。

KAMADOとは

KAMADOはアートを楽しむ活動「ア活」を広める事業を行っています。
今回のCHOCHINの他にアート系ウェブマガジンでは、アートの記事やコラム、オススメ展覧会情報を掲載。
展覧会によってはチケットを抽選でプレゼントする「KUJI」を実施。
また法人企業からの寄付で若手アーティストを支援する「OUR ART PROJECT」も運営中です。

会社概要

社名株式会社KAMADO
活動拠点住所東京都渋谷区渋谷2丁目24−12 渋谷スクランブルスクエア15階 SHIBUYA QWS
設立2020年6月10日
代表者柿内奈緒美
電話03-4296-6814
事業内容インターネットを活用したアート・文化の事業、文化支援事業
URLhttps://kamado-japan.com/about-company/
会社概要






参考元はこちら

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました