スポンサーリンク

【仮想通貨】ビル・ゲイツ氏がWeb3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に注目【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【ビル・ゲイツ氏がWeb3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に注目】



Microsoft(マイクロソフト)の共同創業者であるビル・ゲイツ氏は海外で人気の掲示板サイト「Reddit」で実施されたAMAで一般ユーザーからの質問に答えた際に「自身がWeb3やメタバースにはそれほど関心を示していないこと」を語り、人工知能(AI)を活用したプロジェクトに注目していることを明かしました。

スポンサーリンク

Web3・メタバースはそうでもないが「AI」は革新的

Microsoftの共同創業者であるビル・ゲイツ氏は2023年1月23日に、海外で人気の掲示板サイト「Reddit」で一般ユーザーからの質問に答えるAMAを開催し、Web3(分散型ウェブ)やメタバース(仮想空間)を含めた様々なトピックについて自身の考えを語りました。

ビル・ゲイツ氏は『2000年頃のインターネットのような大きな可能性を秘めたテクノロジーはあるか?』といった内容の質問に答えた際に、人工知能(AI)を重要な技術の1つとして挙げ、Web3はそんなに重要だと思っておらず、メタバース的なものも革新的だとは思わないが、AIは非常に革命的な技術だと思うとの考えを語っています。

人工知能(AI)は重要な技術の1つです。
Web3がそんなに重要だとも、メタバースだけがイノベーション的なものだとも思いませんが、AIは非常に革命的です。


同氏は自力でコンテンツを作ることができるAIプロジェクトに関心を示していることも明かしており、OpenAIが開発した対話型AIチャットボット「ChatGPT」については『これから起こることを垣間見ることができる。こうしたアプローチのすべてとイノベーションのスピードに感銘を受けている』と語っています。

ビル・ゲイツ氏は以前から暗号資産やNFTに対して批判的なコメントを語っており、昨年6月に「TechCrunch」の気候変動に関するイベントに参加した際には、暗号資産やNFTについて『自分よりも高いお金を払う人がいるという”大馬鹿理論”に100%基づいた資産』とコメント、『ロングもショートもしていない』と語っていました。

同氏は暗号資産・NFT・Web3・メタバースなどの技術よりも「人工知能」を重視していますが、ブロックチェーン技術は「AIが学習で使うためのデータ管理」で有効活用できると期待されており、暗号資産に関しても「AI学習のためのデータ提供報酬」として有効活用できると期待されています。

人工知能(AI)は現在も特に注目されている技術の1つですが、ブロックチェーンや暗号資産をAIに活用すれば、AI学習のデータ管理でトレーサビリティを担保してデータの信頼性を担保したり、一般ユーザーにデータ提供の報酬として仮想通貨を付与して大量のデータを集めたりできる可能性があるため、これら複数の技術の利点を活かした組み合わせにも注目が集まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました