スポンサーリンク

【メタバース】ヘアケアブランド「L’OREAL PROFESSIONAL」が「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイルを公開【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
メタバース
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、メタバース関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【ヘアケアブランド「L’OREAL PROFESSIONAL」が「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイルを公開】



ヘアケアブランドの「L’OREAL PROFESSIONAL(ロレアルプロフェッショナル)」は2023年1月12日に、メタバース向けゲームアバタープラットフォームである「Ready Player Me(レディ・プレイヤー・ミー)」との提携によるバーチャルヘアスタイルを公開したことを発表しました。

スポンサーリンク

メタバース領域での活躍の場を拡大

L’OREAL PROFESSIONAL(ロレアルプロフェッショナル)は2023年1月12日に、メタバース向けゲームアバタープラットフォームである「Ready Player Me(レディ・プレイヤー・ミー)」との提携によるバーチャルヘアスタイルを公開したことを発表しました。

Ready Player Me(レディ・プレイヤー・ミー)は、写真をアップロードすることによって”複数のメタバースに対応したオリジナルの3Dアバター”を自動生成することができるアバタープラットフォームであり、「Spacial、Somnium Space、TCL、Hiberworld、PIXELYNX、Bloktopia」などといった複数の暗号資産・メタバースプロジェクトとも提携しています。

ロレアルプロフェッショナルは今回の発表で、3Dアーティスト兼開発者であるEvan Rochette(エヴァン・ロシェット)氏の協力のもと、ヘアスタイルシリーズの第一弾を発表したことを報告しており、『2023年もクリエイターやブランドがメタバースで自らの空間を構築して共に文化を共有できるよう支援するプラットフォームであるSpatial(スペーシャル)を活用してメタバース領域での活躍の場を広げていく』とコメントしています。

同社が提供するバーチャルヘアスタイルは「ユーザーが自分のアバターをキュレーションして、自己表現の可能性を広げるためのもの」とされており、 『ゲーマーは自分を表すアバター5つのヘアスタイル・ルックを使用可能、Ready Player Meで創作されたアバターは相互につながる仮想世界にリアリティを生み出すもので、世界で4,000以上のゲーム・プラットフォーム・アプリとの互換性がある』と説明されています。

コメント

「ロレアルプロフェッショナル」のグローバル・ゼネラル・マネージャーであるAnne Machet(アン・マチェテ)氏と、「レディ・プレイヤー・ミー」のCEO兼共同創設者であるTimmu Tõke(ティムウ・トーケ)氏は、今回の取り組みについて次のように語っています。

【L’OREAL PROFESSIONAL:Anne Machet氏】
ロレアルプロフェッショナルは110年以上にわたり、パイオニア精神をヘアスタイリストのサービスに活かし、プロフェッショナルな美容業界の発展と世界中の人々の髪をより美しくするヘアケアの向上に貢献してきました。
レディ・プレイヤー・ミーとのこの素晴らしいパートナーシップは、バーチャルな世界で私たちの進化を続けるための有意義な方法であると考えています。
技術の限界を破りクリエイティブな領域を拡大し、バーチャルコミュニティのヘアスタイルに無限の可能性を提供できることを楽しみにしています。

【Ready Player Me:Timmu Tõke氏】
ロレアルプロフェッショナルのヘアスタイルは、レディ・プレイヤー・ミーというプラットフォームに驚くべきプラスの効果をもたらしています。
ロレアルグループと提携し、アバタークリエイターと、レディ・プレイヤー・ミーと互換性があるSpatial、HiberWorld、VRChatなどすべてのアプリとゲームに、アバターカスタマイズオプションを提供していただくことになり、非常にわくわくしています。

ロレアルプロフェッショナルについて

ロレアル プロフェッショナルは、110年以上にわたり積み重ねた知識と美容業界へのサポートの経験を活かし、プロフェッショナルな美容の専門知識を提供しています。
1907年、若き化学者ウージェンヌ・シュエレールが、世界に先駆けて安全な合成ヘアカラーリング剤、オレアル(Oréal.)の開発に成功。
その2年後、1909年、彼の立ち上げた会社が、世界最大の化粧品会社 ロレアルグループの前身です。


ロレアルグループのルーツを汲むロレアル プロフェッショナルは、誕生以来、ヘアケア業界をリードする世界的ブランドとして認識され、現在、世界66カ国、約30万店以上、約150万人もの美容師の皆様にご愛用いただいています。
そのバラエティ豊かなヘアケア製品のラインナップは、あらゆるタイプの髪質のケア、専門的なカラーリング&ハイライト、そして幅広い美容技術用品に対応しています。


サステナビリティに関しては「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」プログラムという積極的な枠組みに沿った活動により、科学、品質、有効性、責任という点で最高の製品を世界66カ国に提供しています。
ブランドの商品は、提携サロン様の店内を通じて販売されています。


ロレアル プロフェッショナル 公式 ホームページ: https://www.loreal-professionnel.jp
ロレアル プロフェッショナル ジャパン公式Instagram:@lorealpro_education_japan

Spatial(スぺーシャル)について

Spatialは、2016年にiNovia Capital、White Star Capital、Expa(Garrett Campが創業)、Kakao Ventures、Lerer Hippeau、Leaders Fund、Samsung NEXTなどの投資家と、Mark Pincus氏(Zyngaの創設者)、Andy Hertzfeld氏(Macintoshの共同開発者)、Mike Krieger氏(Instagramの共同設立者)などの後援者によって創設されました。


Spatialは、クリエイターやブランドがメタバースに自分の空間を構築し、その文化を他者と共有することを可能にするために尽力しています。
ユーザーが、目を見張るようなコンテンツを共有するための美しい空間を活用して堅固なコミュニティを構築し、創造的な作品や製品の有意義な販売を促進できるようなプラットフォームを提供しています。
またユーザーは、NFTを発行できるような美しく機能的な3D空間を作り出し、心揺さぶる体験の提供を目指す他の人にも販売又は貸し出すこともできます。





参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました