スポンサーリンク

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場】



カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン技術を活用した世界初の自動車プロジェクト「eTukTuk」は2023年1月19日に、Cardanoブロックチェーンを活用した充電ステーションネットワークをスリランカで展開することを発表しました。

スポンサーリンク

スリランカで充電ステーションネットワークを展開

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン技術を活用した世界初の自動車プロジェクト「eTukTuk」は2023年1月19日に、Cardanoブロックチェーンを活用した充電ステーションネットワークをスリランカで展開することを発表しました。

スリランカ政府と主要パートナーの支援を受けて「eTukTuk」のローンチを発表できることを嬉しく思います。
手頃な価格のeTukTukと一緒に、充電ステーションのネットワークがスリランカにまもなく登場します。

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」とは

eTukTukは「カルダノ初の自動車プロジェクト」と称された電動トゥクトゥクのプロジェクトであり、「eTukTuk EV」は発展途上国でもスムーズに導入できるよう、従来のトゥクトゥクに代わる手頃で信頼性の高い代替手段となるように設計、各車両は安全性と持続可能性を念頭において作られていると説明されています。

eTukTukはCardanoブロックチェーンを用いて南アジアとアフリカ全域の充電ステーションや電気自動車のネットワークに電力を供給するとのことで、Cardanoブロックチェーンを電力供給に利用する理由としては以下のような点が挙げられています。


・透明性:全取引がブロックチェーン上に記録されるため透明性が高い。

・セキュリティ:ブロックチェーン上に記録された取引は改竄不可能。

・トラストレス:ブロックチェーン上の取引は信頼が不要で、第三者を介すことなく安心して取引を完了できる

・トレーサビリティ:全取引を追跡できるため真のトレーサビリティが実現する。

・摩擦が少ない:必要なのはインターネット接続とウォレットだけ。分散型IDで個人情報を完全に管理できる。

・スピードと効率の向上:中央集権的組織が必要ないため通常よりもコスト削減できる。取引はP2Pで従来の法定通貨決済ネットワークよりも高速かつ効率的。

・シェアリングエコノミー:ステーキングメカニズムによって参加者はネットワークをサポートする見返りとして報酬を得ることが可能。ネットワーク参加の参入障壁がほぼないため、真のシェアリングエコノミーが実現される。

・銀行口座を持たない人も参加可能:銀行口座を持たない人は世界で14億人いる。ブロックチェーンはデジタルIDで金融商品にアクセスできるようにし、収入を得る機会を多様化させる。

電動トゥクトゥクで大気汚染などの問題に対処

eTukTukの公式サイトによると、スリランカの首都コロンボには560万人以上の人が住んでいて、120万台以上のトゥクトゥクが登録されているとのことで、燃料不足によってガソリン価格は高騰、高価な電気自動車に頼る必要があるが、EV充電ステーションも普及していないとされています。

また、現在一般的に普及しているトゥクトゥクは通常の自動車よりも多くのCO2を排出するため大気汚染も悪化しており、良好な空気の質の数値が0〜50程度であるのに対して2022年12月時点のスリランカの数値は249に急上昇したため、大気汚染の問題を解決するためのソリューションが早急に必要だと強調されています。

eTukTukが展開する「eTukTuk EV」は効率的なバッテリーを搭載することによってゼロエミッションを実現するとされているため、eTukTukが普及することによって環境汚染の問題が改善され、健康被害などの問題も大幅に改善される可能性があると期待されています。





参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました