スポンサーリンク

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか】


仮想通貨市場はサム・バンクマン=フリード氏の逮捕とFTXの資金取扱に関するニュースの影響を大きく受けました。
しかしその混乱の中でもいくつかのプロジェクトは、留まることを知らず成長を続けています。

ポルカドットとソラナの2つは特に今回の騒動に巻き込まれているプロジェクトです。
一方で、メタケードとして知られる革命的な新しいプロジェクトは、プレセールの第一段階がわずか数週間で200万ドル以上を調達したことを発表した後、GameFiスペースでの野心を持って、勢いを増しています。

この記事ではメタケードがどのようなプロジェクトでなぜ注目を集めている理由を解説します。


なお、メタケードをゲットするのに必要なイーサリアムは、「コインチェック」にて購入できます。
→コインチェックの無料口座開設はこちら

コインチェック
スポンサーリンク

メタケードとは

メタケードはGameFiの新しいプラットフォームであり、ゲームプレイヤーが繋がり、協力し合う空間を革新的な方法で提供します。
これはプレイヤーだけでなくすべてのタイプのユーザーに多くの利点があります。

このプラットフォームは巨大な仮想ゲームセンターのような空間で、ユーザーは多数のP2E(遊んで稼ぐ)ゲームタイトルにアクセスできます。
ゲームの種類はクラシックなものからメタケード内で生まれた最先端のものまで勢揃いしています。

メタケードのホワイトペーパーには、プロジェクトの野心的な計画が詳述されています。
ユーティリティトークンである「MCADE」をERC-20トークン標準でリリースすることで、イーサリアム(ETH)ネットワークのセキュリティと安定性を活用します。

開発チームは、プラットフォームの長期的繁栄のためにプレイヤーにゲームを任せることの重要性を理解しており、2024年にプロジェクトを分散型自律組織(DAO)に移行する計画を立てています。

メタケードの仕組み

メタケードの目玉の一つとしては「ユーザーがプラットフォームでの活動を通じて収入を生み出すことができること」が挙げられます。
収益化の方法は主にP2E経由ですが、コミュニティへの貢献度に対してMCADEを報酬として受け取ることもできます。
有益な知識や情報の共有、レビューの投稿などの活動も含まれます。

そして最終的に、ユーザーはWork2Earn機能からのベネフィットも受けます。
単発の仕事やインターンシップからGameFi業界での本格的なキャリアまで、あらゆる仕事を求人掲示板から探すことができます。

さらにプロジェクトには「メタグラント(Metagrants)」として知られる革新的な機能もあります。
これはゲーム開発者がコミュニティに向け、直接ゲームを設計することができます。
MCADEの所有者は、興味のあるゲームのアイデアに投票をすることで、開発者は新しいゲームのサポートを助成金と言う形で受け取れます。
第一回のメタグラントは2024年に開始される予定です。

MCADEは、交換の媒体としての使用を通じて、エコシステムの重要な要素でもあります。
トークンは、ゲームトーナメントへの参加、商品の購入、およびプラットフォーム上の他の多くの交換に必要です。

ポルカドット – 次の段階へと

ポルカドットとは、パラチェーン技術を活用して違うブロックチェーン同士を繋ぐ相互運用性プロトコルで、Web3界でも注目の高いプロジェクトです。

Web3では一つのレイヤー1プロトコルが独占しているような事はなく、さまざまなチェーンが相互に作用する方法がこの分野の重要な課題になります。
これは企業での導入の問題でもあります。
多くの企業は、パブリックブロックチェーンでの作業と並行して、プライベートブロックチェーンでの作業することを望む場合が多いからです。

チェーンリンク(LINK)やクアントネットワーク(QNT)は2022年に大きな飛躍を遂げました。
著名な企業「Swift」や「Nexi」とのパートナーシップを結びました。
それに比べてポルカドットは遅れをとったと言わざるを得ない状況です。
創設者のギャビン・ウッド氏がCEOを辞任した後、DOTが勢いを増しているという報告がありますが、依然として不安定な投資先とだということに変わりはありません。

ソラナ – SOLはFTXから距離を置くことができるのか

サム・バンクマン・フリード氏の逮捕後、レイヤー1プロトコルのネイティブ通貨でSOLほど影響されているものはありません。
彼がソラナの大きな支援者であることは周知の事実であり、FTXが大量のSOLを保有していたため、SOLの価格は急落しました。

そんな状況でもソラナは活発な開発者コミュニティを誇っています。
開発が中止になったプロジェクトの中には、FTXの関与が噂をされているものもあります。
しかしFTXの存在がなくなった今、そのプロジェクトたちもコミュニティによって再起動をする可能性があります。
しかし今回の騒動で失ったものは多く、投資家が投資を再開するにはある程度の時間を要するでしょう。

MCADEへの投資はありなのか?

メタケードプレセールの第1段階は順調に進んでいます。
サム・バンクマン・フリード氏の逮捕に続く仮想通貨市場の波紋が、メタケードへの関心を低下させていないことは明らかです。

DOTとSOLの両方が主要なレイヤー1プロトコルとしてイーサリアムを追い抜こうと挑戦を続ける中、メタケードは引き続きゲームプレイヤーと個人投資家グループの注目を集めているため、プレセールはメタケードを2023年の期待のプロジェクトに飛躍させる大きな一歩になるでしょう。


メタケードの詳細はこちら


なお、メタケードをゲットするには、イーサリアムが必要です。
イーサリアムは、「コインチェック」で購入できます。


→コインチェックの無料口座開設方法はこちら

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました