スポンサーリンク

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』正式版を本日配信開始

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、国内NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』正式版を本日配信開始】



「選手・チーム・リーグ・ファンをつなぐ循環型の新しい経済圏をつくる」をミッションとする株式会社OneSports(読み:ワンスポーツ 本社:東京都豊島区 代表者:杉野 範和 以下 「OneSports」)は、日本初Jリーグオフィシャルライセンスが許諾されたブロックチェーンゲーム『Jリーグ トレーディングサッカー(J.LEAGUE Trading Soccer)』(略称:トレサカ Jリーグ、以下「本サービス」)の正式版が本日1月26日(木)15:00から配信開始したことをお知らせいたします。

スポンサーリンク

「Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)」をオープンβ版で検証完了

『トレサカ Jリーグ』は、1000人以上の選手が実名実写で登場し、クラブ経営を体験し稼ぐことのできるブロックチェーンゲームです。
本タイトルは、サッカーファンはもとより、初心者であっても、ゲームをとおしてサッカーやJリーグを知ることでファンになる、そして、楽しんで遊んだ体験が価値や資産になるように開発されています。

 また、従来のブロックチェーンゲームがウォレットや暗号資産などの専門知識が必要であったり、ゲームをはじめるために高額なNFTを購入する必要があったのに対して、本サービスは「専門知識を必要とせず、Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)」設計になっています。
先のオープンβ版ではこのゲームサイクルの検証を主としてサービスの配信を行っておりましたが、多くの参加者の支援によりゲームサイクルの検証が進み、より多くの方に楽しんで頂ける状況となったと判断したことから本日より正式版のサービスの開始に至りました。

4人に1人が稼いだ(Earn)体験を正式版でさらに拡大を狙う

オープンβ版では機能が限られていたにもかかわらずユーザーの4人に1人がゲーム内通貨を獲得し、有償アイテムを購入いただくことができました。
正式版ではさらに稼ぐ体験を拡大して提供するために下記機能を追加致します。

・選手オファー機能(※オープンβ版で先行公開済)
・NFT化機能(※2月上旬提供開始予定)
・ミッション機能

また、正式版のサービス開始に伴い、以下のデータ調整を行いました。
・試合ロジック、報酬量や獲得経験値などのデータ調整
・リミテッド選手カードの発行制限枚数の確定
・オープンβ版からの引き継ぎ対応(選手データ、トレサカコイン、装備中フォーメーション)

賞金山分けイベントで「勝って稼ぐ」、招待キャンペーンで「友達と稼ぐ」体験を拡張

さらに、正式版のサービス開始に伴い、賞金山分けイベントと招待キャンペーンの開催が決定しました。
今後も「Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)」をコンセプトに本ゲームをさらに盛り上げるべくイベントやキャンペーンの充実を図ってまいります。

<賞金山分けイベント>
総額最大100万コインをリーグ戦の優勝者で山分け!
2月27日(月)〜3月4日(土)に本サービス内で開催予定のリーグ戦で、J2class3以上のリーグでの優勝者(1位)の方を対象として、最大100万円分のトレサカコインを山分けしてプレゼントします!
イベント開催までにJ2クラスに昇格するためにも、今すぐゲームを始めよう!

山分けイベント詳細:https://support.toresaka.com/info/share_prize

<招待キャンペーン>
期間:1月末日公開予定

期間中にユーザーを招待した人数に応じて、選手カードやアイテムを獲得GET!
 1人招待:トレサカポイント1000
 2人招待:トレサカチケット×5
 3人招待:UNLIMITED_SRランダム選手
 4人招待:トレサカチケットx10
 5人招待:UNLIMITED_SR以上ランダム選手

上記報酬は、招待したユーザーが獲得できます。
友達を招待して、みんなでトレサカを楽しもう!

Jリーグやサッカーを楽しむことが資産になる世界を目指して

『トレサカ Jリーグ』ではゲームをとおしてJリーグのファンであることが価値となり資産となるように運営を行って参ります。
今後も大会イベントやコレクション機能の追加、2023年度版のカード販売なども予定しております。
サービスの詳細や今後の展望に関しての詳細は、ホワイトペーパー(https://toresaka.com/white_paper)にて公開していますので、ご参照ください。

◯トレサカ Jリーグとは
 本サービスは、2022 明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグ所属の全40クラブ1000名以上の選手が実名実写で登場する、サッカークラブ経営シミュレーションゲームです。
初心者からサッカーファンまで1日5分で楽しめるブロックチェーンゲームとなっています。
従来のソーシャルゲーム同様に、基本無料ですぐにプレイすることが可能です。

本当のクラブチームの運営のように選手を育成し、フォーメーションとスタメンを選択して戦略を立てることで、リーグを勝ち抜いていくことができます。
また、試合に勝つほど選手を強化することができます。
そして、本当のクラブ経営のように選手を獲得したりお金を稼ぐことができます。
育ちきった最強選手達を集めて優勝を目指すも、ゼロから選手を育成して地道に優勝を目指すもあなた次第。
さらに、育成した選手の移籍金で実際に利益を得ることもできます。

クラブチームの運営や経営はあなたの采配で無限の可能性が広がります。
さあ、あなただけのクラブを作りましょう。

選手を獲得し育成!
選手適性と最適なフォーメーションを組み合わせ、理想のチームを作ろう!

トレサカ Jリーグ概要

<トレサカ Jリーグ公式サイト>
https://toresaka.com/

<プレイ方法>
トレサカ Jリーグ公式サイト内の「ゲーム開始」からプレイ可能です。
※プレイするためにはLINEアカウントが必要になります。

<動作環境>
iOS:Safari
Android:Chrome
Windows:Chrome
MAC:Safari,Chrome
ジャンル:サッカークラブ運営シミュレーション
価格:基本プレイ無料(サービス内課金あり)

本サービス提供における役務分担

本サービスの提供に際しては、株式会社OneSportsが公益社団法人日本プロサッカーリーグとライセンス契約を締結し、株式会社オルトプラスと株式会社プレイシンクが開発を、アクセルマーク株式会社がパブリッシングを担当しております。

株式会社OneSports 会社概要

会社名株式会社OneSports
代表代表取締役 杉野 範和
所在地東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45F
設立2020年2月13日
URLhttps://www.onesports.co.jp/
会社概要

私たちは、スポーツを「楽しむ人」を増やし、日常をより豊かにしていくデジタルスポーツエンターテインメント・カンパニーです。
前身であるモブキャストゲームス時代の2010年にスポーツゲーム「モバプロ」のリリースを皮切りにして、野球、サッカー、バスケットボール、競馬、プロレスなど複数のゲーム配信と運営に携わり、累計800万人以上のユーザーとコミュニケーションしてきました。
今後も、スポーツ×テクノロジーが生み出す無限の可能性のなかで、ファンと選手の価値を創造し、日常をより豊かにしていきます。





参考元はこちら

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました