スポンサーリンク

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト】


仮想通貨コミュニティは、市場の弱気相場の終わりを首を長くして待っています。
同時に、仮想通貨業界が投資の可能性に満ちていることに変わりはありません。
DeFiからGameFiまで、今後10年間で物事の仕組みを変えるであろう多くのアプリケーションがあります。

その中にNFT(Non-Fungible Token)があります。
これにより、クリエーターがデジタル収集品・アートワーク・音楽などの作品を収益化する新しい機会が開かれました。
また、購入者が本物の製品を購入していることを保証すると同時に、複製や詐欺のリスクを背負う事なく所有権を安全に追跡できます。
様々なNFTプロジェクトを学ぶ事は、投資するにあたって必要不可欠です。

ここからは、2023年に注目すべきプロジェクトをご紹介します。

スポンサーリンク

メタケード:稀に見る期待できる投資機会

メタケードとは、ブロックチェーンテクノロジーを利用して構築されたメタバースに存在するP2E(遊んで稼ぐ)ゲームのゲームアーケードです。
このメタバース最大規模となるハブでは、気の合う仲間と繋がり、P2Eをプレイすることで利益を得ることが可能です。
そしてWed3のゲーミング革命に貢献します。

P2Eゲーム体験に加えて、ユーザーはコミュニティへの貢献や交流(ゲームレビューの執筆やライブチャットへの参加など)に対する報酬やその他複数の方法で受動的収入を得ることができます。

このプロジェクトは、プラットフォームで使用されるユーティリティおよびガバナンストークンであるMCADEによって支えられています。
このトークンは預け入れることで保有者は受動的収入を得ることも可能です。
ステーキング報酬はステーブルコインで支払われ、流通量を制限することでトークンの価値を安定に保つための措置が講じられます。

メタケードの大きな特徴としてはメタグラントプログラムが挙げられます。
ゲーム開発者はプロジェクトをコミュニティに売り込むことができ、MCADE所有者はどのプロジェクトが資金を受け取るのか投票で決めることができます。
これにより、MCADEホルダーはゲームの優先順位を大幅に制御できます。

第一回目のメタグラントは2023年後半に開催予定で、2024年の前半には第一回目で資金を受け取ったゲームのリリースが予定されています。

メタケードはプロジェクトにおけるNFTの役割をまだ明確に明らかにしていません。
しかし「メタバース最大のアーケードになる」という願望は、プロジェクトが発展するにつれてNFTを統合するであろうと期待させるものです。
GameFiの可能性と並んで、多くの投資家が、億り人を生み出す可能性のある最高のNFTプロジェクトの1つの初期段階の候補と見なしていることを意味します。

ただいま開催されてるメタケードのプレセールはこれまでのところ非常に成功してると言えます。
最初の9週間で320万ドルを調達しました。
プロジェクトが本格的に始まるとMCADE価格は2023年に劇的に上昇すると予測されているため、メタケードはNFTへのエクスポージャーの向上とその先を求める人々にとって魅力的な投資になると期待されています。


> メタケードの詳細はこちらから確認できます 


なお、メタケードに参加するにはイーサリアムが必要です。
イーサリアムは「コインチェック」にて購入できます。

コインチェックの無料口座開設

【10分で完了】初心者おすすめ!コインチェックの無料口座開設3ステップ
今回は、仮想通貨を購入するためのコインチェック口座開設方法を紹介していきます。 初心者おすすめで10分で完了します。 コインチェックとは、金融庁登録済みの暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。

エイプコイン:BAYCと連携した斬新なアプローチ

エイプコインはBored Ape Yacht Club(BAYC)エコシステムのネイティブ暗号通貨であり、NFTや同様のプロジェクトのネットワークが拡大しています。
2022年の3月にローンチしたAPEには、分散型ガバナンス・購入・ゲーム・限定イベントへのアクセスなどエコシステム内の通貨として効果的な機能の幅広い用途があります。

またAPEトークンは、APE DAO(分散型自律組織)を促進し、APE保有者がエコシステム内のプロトコルに関連する決定に投票できるようにします。
プロジェクトの名声とそのネットワーク効果の両方から採用を促進し、利益を得るために、Web3ゲームやNFTコレクションなど、他のプロジェクトの統合を奨励しています。

APE Foundationは、オンラインまたはオンチェーンの準備が整っていないDAOプロセスを処理することにより、プロジェクトが初期段階にある間リーダーシップを発揮します。
2021年以降の成功の拡大と、BAYCを開発しただけでなく、CryptoPunksとMeebitsの両方の人気NFTコレクションの権利を取得したYuga Labsのサポートにより、ApeCoinはNFT分野で大きな影響を与える通貨です。


エイプコインが適切な投資であるかの判断は慎重に行うべきです。
BAYCのような有名なブランドであれ、そのNFTコレクションがどれだけ価値を維持できるのかは不透明であり大幅に下落した場合、APEの価格にも影響を与えるでしょう。
主力のNFTコレクション以外のプラットフォームへの採用を増やすという困難な課題を解決できれば、APEは成長を続けるでしょう。

アクシー・インフィニティ- 勢いを取り戻すことは出来るのか

アクシー・インフィニティはSky Mavisによって作成されたゲームです。
このWeb3テクノロジーを使用しているゲーミングメタバースは、プレーヤーが自分のデジタルペットを収集・繁殖できるようにします。
このデジタルペットはアクシー(Axies)と呼ばれ、それぞれがNFTです。
このように独自の特性を持つ唯一無二のデジタル資産にしています。
このゲームはプレイして稼ぐ機会を提供し、ユーザーがメタバースから収入を得られるようにします。

ゲームを始める際には、最初にアクシー・インフィニティのマーケットからアクシーを購入します。
このゲームは他のプレイヤーとの戦い・繁殖・土地・マーケットプレイスという4つの主な機能で構成されています。
戦闘モードではアクシーを使用してターンベースのカードゲームで競い合います。
各サイドは3つのアクシーのグループで構成されます。

繁殖機能では販売または戦闘のためのアクシーを繁殖させることができます。
アクシーの家であるルナシア(Lunacia)は、90,601の土地に分割されています。
各プロットも市場で入手可能なアイテムで強化できるNFTの一つです。

アクシー・インフィニティのトークンであるAXSはエコシステムへの参加に対してユーザーに報酬を与えることを目的としています。
価格上昇の可能性の一つの重要な要素として、プラットフォームの継続的な採用があります。
2021年の好業績から一転、プロジェクトの成長は鈍化傾向にあり、AXS保有者が望んでいる価格上昇を推進できるほど十分な数の新規ユーザーを引き付けることが大きな課題になっています。

ザ・サンドボックス:自分の作品の所有権は自分のもの

ザ・サンドボックスはメタバース内のゲームエコシステムです。
イーサリアム上に構築されているため、ユーザーは独自のデジタルアセットを作成・共有・収益化できます。
Pixowlによって作成され、プラットフォームがユーザーによって生成されたコンテンツを所有および制御する従来のゲーム市場に対抗し、クリエイターがゲーム内で作成したコンテンツを完全に所有できるようにします。

3Dオブジェクト(ASSETS)を作成する場合は「VoxEdit」でERC-1155と呼ばれるトークンを使用します。
サンドボックスのマーケットプレイスではInterPlanetary File System(IPFS)でのASSETSの公開と販売が可能で、「Game Maker」を使用すると3Dゲームを作成できます。

取引はSANDトークンに支えられており、多くの有名なNFTプロジェクトと同様にユーザーはマーケットプレイスでNFTを販売したり、ゲームメーカーでゲームを作成したりして収益を生み出すことができます。
他のユーザーのゲームから報酬を獲得したり、さらにはLANDプロットの貸し出しも可能です。

サンドボックスは、クリエイターが自分で生み出した価値に対しての報酬が得られる仕組みでゲーミング界において大きな革命を起こそうとしています。

ディセントラランド:分散化された土地区画NFT

ディセントラランドはサンドボックスと同様にイーサリアム上に構築された仮想世界です。
MANA、LAND、Estateという3つのネイティブトークンを使用して、ユーザーによって所有および管理されています。
トークンは「Crypto Valley Art Gallery」でアート作品の購入、バータータウンでの取引、さらにはDecentraland University(ディセントラランド大学)での学習などのアクティビティにアクセスするために使用されます。

ディセントラランドはユニークなメタバース体験を提供します。
ユーザーは、作成した価値を所有し、それを有形資産に直接移すことができます。
そしてプロジェクトを分散化するという設計により、新しいアプローチでメタバースが作成されています。
これにより、ユーザーはコミュニティによって開発されたデジタル空間を探索できます。
占星術センターからカーレース場まで、さらにはユーザーがデジタルの土地の家主になることさえ可能です。

ディセントラランドの所有権とガバナンス構造は、DAO(分散型自律組織)を通じて分散化されています。
ユーザーはMANA・LANDあるいはEstateトークンを保有することで、プロトコルに変更を加える際に投票で参加できる参加権を得ることができます。
これにより、各々のトークンにさらなる価値が与えられます。

アクシー・インフィニティと同様に、ディセントラランドが直面する最大の問題は勢いの欠如です。
2021年にピークを迎えたこのプロジェクトは、かつて発生していた誇大宣伝をまだ回復できておらず、結果としてMANAトークンの価格が急落しています。
ユーザーを取り戻し、再び関心を集めることができれば間違いなく注目のプロジェクトに返り咲くでしょう。

エンジンコイン:サービスとしてのNFT

エンジンコインはコーディングなしで独自のNFTを作成・管理ができるブロックチェーンプラットフォームです。
約20億を超えるトークンが発行されたエンジンマーケットプレイスを含む、さまざまなツールを提供しています。
そのほとんどは、仮想ゲームに焦点を当てたプロジェクトで使用できるNFTです。

ブロックチェーン資産をコーディングなしで作成できるエンジンツールを活用することで、企業は新しいプロモーションを顧客に提供できます。
同時に開発者は、ブロックチェーンでホストされているデジタル資産をプロジェクトに簡単に実装できます。
エンジンは新しいテクノロジーを試してみたい人々にオープンなプラットフォームであり、さまざまな将来のユースケースへの扉が開かれる事になるでしょう。

エンジンの大きな課題として挙げられるのは「NFT作成で大勢のユーザーが集まる場所としての地位を確立できるかどうか」そして「ENJがすでに管理しているよりもはるかに上昇できるかどうか」です。
2021年の高値の後大幅に下落をしました。
再び上昇し始めるまでにどれくらいの時間がかかるかは今のところ不透明のままです。

クアントネットワーク:エンタープライズNFTの有利な位置付け

クアントネットワークは、有名なNFTプロジェクトと並んで語られることはあまりありません。
しかしこのロンドンを拠点とするこのスタートアップ企業は、着実に歩みを進めています。
Overledger相互運用性プラットフォームを使用して、企業の支払いとCBDCをターゲットにしています。
Overledger Tokenizeをリリースすることで、NFTの世界に参入しました。

NFTが大きな利益をもたらす可能性がある分野の1つに投資があります。
そしてクアントネットワークは確立された大規模な金融プレーヤーからの採用を望んでいます。
それができれば、最高のNFTプロジェクトの1つとして検討するに値するでしょう。
しかしこのプロジェクトは、不透明なところ多くの残るため他の多くのプロジェクトに比べてリスクの高い投資と言えます。

結論:メタケード – 宝石の原石

仮想通貨シーンにあるほとんどのNFTプロジェクトは、全面的に期待を後退させた困難な年に続いて、勢いを取り戻すための課題に直面している事は明白です。
プロジェクトに新たな機能の追加が予定されていなければ、市場センチメントによって引き起こされる下向きの圧力を克服することは難しいでしょう。

ユーティリティによって駆動されるプラットフォームは、より強固な基盤を必要とします。
コミュニティ主導のP2Eゲームハブを提示するメタケードは、将来的にNFT接続の機会を提供する多様なエコシステムとともに、仮想アーケードが大幅な利益をもたらす可能性は非常に高いと言えます。

ただいま開催中のメタケードのプレセールはかなりのスピードで進んでいます。
この大きなチャンスが終わってしまう前に、覗いてみてはいかがでしょうか。


メタケードの詳細はこちらからどうぞ


なお、メタケードに参加するにはイーサリアムが必要です。
イーサリアムは「コインチェック」にて購入できます。

コインチェックの無料口座開設

【10分で完了】初心者おすすめ!コインチェックの無料口座開設3ステップ
今回は、仮想通貨を購入するためのコインチェック口座開設方法を紹介していきます。 初心者おすすめで10分で完了します。 コインチェックとは、金融庁登録済みの暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。
NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました