スポンサーリンク

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

Twitter(ツイッター)が自社プラットフォームへの決済機能導入に向けて「全米での規制当局へのライセンス申請」と「決済機能導入に必要なソフトウェア設計」を開始したことが「Financial Times」の報道で明らかになりました。
一連の機能では最初に法定通貨に対応することが予定されているとのことですが、後に仮想通貨機能も追加できるように構築したいと考えているとも報じられています。

スポンサーリンク

決済機能などを統合した包括的なアプリ提供に向けて

Twitter(ツイッター)が自社プラットフォームへの決済機能導入に向けて「全米での規制当局へのライセンス申請」と「決済機能導入に必要なソフトウェア設計」を開始したことが「Financial Times」の報道で明らかになりました。

Financial Timesが2人の関係者の話として報じた内容によると、決済機能の開発はTwitterの製品管理ディレクターであるEsther Crawford(エスター・クロフォード)氏が主導しているとのことで、同氏はイーロン・マスク氏の重要な部下として頭角を現しているとも報告されています。

決済機能導入の動きは新たな収入源を開拓するための取り組みの一つで、マスク氏は「メッセージング・決済・コマースを統合した包括的なアプリを立ち上げる計画の一環として、TwitterにP2P取引・預金口座・デビットカードなどのフィンテックサービスを提供してほしい」と考えているとも報じられています。

決済サービス提供に必要な各種ライセンスを申請

昨年11月にはツイッターが決済サービスを展開するために「金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)」に登録申請を行ったことが明らかにされていましたが、現在は決済サービス提供に必要となる規制当局へのライセンス申請が行われているとのことで、サービス開始に必要な州のライセンスの一部も申請し始めていると伝えられています。

現在申請が行われているのは一部のライセンスであるものの、残りのライセンス申請もまもなく行われる予定で、1年以内には米国でのライセンス取得が完了する見込みであるとされています。

なお、米国でのライセンス取得が完了した後は、国際的な規制当局からも認可を得るために範囲を拡大する予定とも伝えられています。

法定通貨対応に続いて「仮想通貨機能の追加」も計画

イーロン・マスク氏は「ユーザーがクリエイターに直接報酬を提供できる方法・ユーザーがプラットフォームを通じて直接商品を購入できる方法・ユーザーが互いに支払いを行う方法」などを検討しているとされています。

このような一連の機能に関しては最初に法定通貨に対応することが予定されているものの、「その後は仮想通貨機能も追加できるように構築したい」とも考えているとのことです。

Twitterに関しては昨年12月に「ツイッターは独自の仮想通貨Twitter Coin(ツイッターコイン)を開発している可能性がある」との報道がなされており、Twitter Coinのロゴマークと見られる画像が投稿されたことによって仮想通貨業界で注目を集めていました。

イーロン・マスク氏はドージコイン(Dogecoin/DOGE)を強く支持している人物の1人としても注目されており、DOGEコミュニティでは「TwitterのDOGE採用」を望む声が以前から数多く出ていたため、今後の仮想通貨関連機能導入には期待が高まっています。





参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました