スポンサーリンク

【仮想通貨】イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)がCoinbaseと連携し「iOS・Androidアプリ」に対応へ【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)がCoinbaseと連携し「iOS・Androidアプリ」に対応へ】



イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)は2023年1月6日に、大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」との提携を通じて、CoinbaseのiOS・Androidアプリで「cd.id」のユーザー名を利用できるようにしたことを発表しました。

スポンサーリンク

Coinbaseのスマホアプリで「cd.id」が利用可能に

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)は2023年1月6日に、大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」との提携を通じて、CoinbaseのiOS・Androidアプリで「cd.id」のユーザー名を利用できるようにしたことを発表しました。

ENSは英数字のみで構成された複雑な暗号資産ウォレットアドレスを「myname.eth」といった読みやすい簡単な文字列にすることができるネーミングサービスであり、自分の好きな文字列を取得することができるため、暗号資産の送受金が簡単になり、誤送金などの防止などにもつながると期待されています。

Coinbaseは昨年9月にブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet」がENSに対応したことを発表、ENSとの提携を通じてWeb3対応のサブドメインサービス「Coinbase Decentralized ID(cb.id)」を提供していましたが、今回の発表ではCoinbaseのiOS・Androidアプリでも「cd.id」のユーザー名が利用可能になったことが報告されています。

ENSはCoinbaseと提携して、CoinbaseのiOS・Androidモバイルアプリで「cb.id」のユーザー名を利用できるようにしました。
これにより、1億300万人のアプリユーザーがcb.idのユーザー名をモバイルウォレットにリンクできるようになりました


コインベースは独自ドメインとなる「cb.id」をENSにインポートしているため、ユーザーは「myname.cb.id」といった任意のユーザーIDでサブドメインを取得することが可能、このドメインは暗号資産やNFTを送受信するための仮想アドレスとして使用することができるようになっています。

ENSは一連のツイートの中で『モバイルアプリ利用者は人間でも簡単に読み取れるcd.idユーザー名を無料で請求できるため、ウォレットの識別と利用がこれまで以上に簡単になる』と説明しており、『CoinbaseのユーザーはすべてのチャンネルでWeb3のIDを統合することができ、全体的なユーザー体験を向上させることができる』とも説明しています。

ENSのようなブロックチェーンドメイン・NFTドメインのサービスは順調に普及してきており、昨年2月にはスポーツ用品の製造・販売大手「PUMA(プーマ)」も『PUMA.eth』というドメインを取得して、公式Twitterのアカウント名も『PUMA.eth』に変更しています。






参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました