スポンサーリンク

【仮想通貨】Shibariumの各オンチェーントランザクションでシバイヌ(SHIB)のバーン(焼却処分)を実施【最新ニュース】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【Shibariumの各オンチェーントランザクションでシバイヌ(SHIB)のバーン(焼却処分)を実施】



シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の作成者であるRyoshi氏によるレイヤー2スケーリングソリューション「Shibarium」は2023年1月7日に、Shibariumの各オンチェーントランザクションでSHIBのバーン(焼却処分)を実施することを明らかにしました。

スポンサーリンク

Shibariumが活発化すれば、SHIBの希少価値が高まるのか?

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の作成者であるRyoshi氏によるレイヤー2スケーリングソリューション「Shibarium」は2023年1月7日に、Shibariumの各オンチェーントランザクションでSHIBのバーン(焼却処分)を実施することを明らかにしました。

Shibarium(シバリウム)は、シバイヌ作成者であるRyoshi氏によって最初に提案されたレイヤー2ソリューションであり、トランザクション速度などの問題に対処して、メタバース・分散型取引所(DEX)・ゲームなどを搭載したシバイヌエコシステムを構築するための基盤を築くことなどを目的としています。

シバリウムは以前の発表で「BONE」と呼ばれる仮想通貨がガストークンとして使用されることを発表していましたが、今回の発表では「Shibariumの各トランザクションでSHIBがバーンされる」ということが正式発表されています。

Shibariumアップデート🧵

前回の投稿では、BONE🍖がShibariumの運用に必要なガストークンであることをお伝えしましたが、今回は、Shibariumの各トランザクションが🔥Shibをバーンすることを正式に発表します。


バーン(Burn)とは、特定の仮想通貨を利用不可能なウォレットへと送金することによって、送金した仮想通貨を二度と使えないようにする行為のことを指します。バーンが実施されると対象通貨の流通量がその分少なくなるため、結果的に対象通貨の希少価値が高まり価格上昇に繋がる可能性があると期待されています。

Shiba Inu(SHIB)は「総発行枚数1,000兆SHIB」と供給量が非常に多いことでも知られており、発行枚数が多いことによって「1SHIB=0.0011円(2023年1月9日時点)」と通貨1枚あたりの価格も安価となっているため、バーン戦略は注目を集めています。

SHIBコミュニティでは以前からSHIB供給量を減らすバーン運動が一部で行われていますが、Shibariumのオンチェーン取引でSHIBのバーンが実施されれば、SHIBのバーンがさらに加速し、SHIB価格上昇に繋がる可能性があると期待されています。

ShibariumにおけるSHIBバーンの詳細は現時点では明らかにされていないため、今後の詳細発表には注目が集まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました