スポンサーリンク

Bitget:現物取引のイノベーションゾーンを拡大

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【Bitget:現物取引のイノベーションゾーンを拡大】


仮想通貨取引所Bitget(ビットゲット)は、2023年から現物取引に関するオペレーションの規模に更なる力を費やしています。今回は、比較的新しいトレンド銘柄を上場させている「イノベーションゾーン」に、AI、Arbitrum、NFTの3カテゴリを追加しました。

Bitgetのイノベーションゾーンは、将来有望なものの黎明期にあるプロジェクトに、投資家たちがいち早くアクセスできるようにすることを目的としています。
トークンが上場したプロジェクトには60日間の審査期間が設けられ、この期間の間に流動性・取引ボリューム・コミュニティの盛り上がり・スマートコントラクトの安定性など様々な項目を基準に審査が為されます。評価基準を満たさないプロジェクトのトークンは上場廃止となります。

2023年2月に入ってから、イノベーションゾーンには20以上のトークンが上場しています。うちAIカテゴリは7ペア、Arbitrumカテゴリは6ペアとかなりの割合を占めており、投資家からの人気ぶりが反映されています。価格においても、1263%上昇のFuture(AI)、次いで646%上昇のBotto(BOTTO)、また450%上昇のArbInu(ARBINU)と、様々なトークンが大きな上昇率を記録しています。

また、プロトレーダー向けのNFTマーケットプレイスであるBlurのネイティブトークン $Blurも、2月14日にイノベーションゾーンのNFTカテゴリに上場予定です。

「Bitget」のマネージングディレクターであるGracy Chen氏は以下のようにコメントしています。

Bitgetでは、ポテンシャルのある質の高いプロジェクトをサポートし、長期的に業界全体の発展を促進するべく最善を尽くしています。
厳格な審査プロセスを導入することで、イノベーションゾーンは、日々ローンチする膨大な数のトークンの中から隠れた宝石を発見するためのプロセスをサポートし、ユーザーはどのトークンが自身のポートフォリオに最も適しているかを判断できるように設計されています。

また、Bitgetは、トークン上場以外においても現物取引のオペレーションを拡大中です。
これまでデリバティブでのみ利用可能であったコピートレードが現物取引でも実装され、優れた投資家のポジションをフォローすることが可能になりました。
また、現物レバレッジ機能の提供も開始済みです。


【Bitgetについて】
Bitgetは、2018年に設立されたソーシャルトレーディングサービスを主な特徴とする世界有数の仮想通貨取引所です。
現在、世界100カ国以上、800万人以上のユーザーに安全なワンストップ取引ソリューションを提供しています。
伝説のアルゼンチン人サッカー選手リオネル・メッシ、イタリアの有力サッカーチーム「ユベントス」、公式eスポーツイベント主催者PGLなど、信頼できるパートナーとのコラボレーションを通じて仮想通貨の普及拡大を目指しています。
Bitgetは、プラットフォーム上のユーザー資金を保護するため、3億ドルの保護基金や資産カストディサービスなど、最高レベルのセキュリティと保護対策を採用し、マークルツリーの準備金証明モデルによる完全なリザーブバックを約束しています。


Bitgetの詳細については「https://www.bitget.com」をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました