スポンサーリンク

SBI VCトレード:Flareトークン最低入庫数量を「30,000FLR」に引き下げ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【SBI VCトレード:Flareトークン最低入庫数量を「30,000FLR」に引き下げ】



暗号資産取引所SBI VCトレードは2023年2月14日に、Flareトークン(FLR)のラップを行ったユーザーを対象とした初回付与日が2023年3月17日に決定したことに伴い、同社が提供する「FLRラップ&デリゲート代行サービス」の対象者を拡大して、FLR最低入庫数量を引き下げることを発表しました。

スポンサーリンク

FLR最低入庫数量を30,000FLRに引き下げ

SBI VCトレードは2023年2月14日に、Flareトークン(FLR)のラップを行ったユーザーを対象とした初回付与日が2023年3月17日に決定したことを報告し、FLR入庫対象者を拡大することを発表しました。

Flare NetworkではFIP.01提案が承認されたことによって、残り85%分のFLRトークンが「WFLR保有者」に分配されることが決定されており、今月10日には「今後のFLR配布スケジュール」も公開、初回配布が2023年3月17日に実施されることが報告されていました(WFLRへの変換方法はこちら)。

SBI VCトレードは「FLRをWFLRに交換する作業(ラップ)」と「WFLRをFTSOに委譲する作業(デリゲート)」を代行してもらうことができる『ラップ&デリゲート代行サービス』を提供していますが、今回はラップ&デリゲート代行サービスの対象者を拡大して、FLR最低入庫数量を30,000FLRまで引き下げることが発表されています。

今後配布されるFLRやFTSO委譲報酬を受け取るためには、自己管理型ウォレットである「Bifrost Wallet」や、専用ポータルとなる「Flare Portal」などを利用してラップ&デリゲート作業を行う必要がありますが、SBI VCトレードのラップ&デリゲート代行サービスは「外部ウォレットから送金されたFLR」でも利用することができるため、同サービスを利用すれば簡単作業で今後のFLR報酬を獲得することができます(※ラップ&デリゲート代行サービスの手数料:ラップ受領分の手数料は無し、デリゲート報酬の手数料は25%)。

FLR特別入庫の概要について以下のように説明されており、入庫受付は2023年2月14日から開始、終了日は決まり次第報告すると説明されています。
なお、今後FLR入庫いただく場合、レンディングの申込やスナップショットのタイミング如何で初回付与時点ではラップ分が満額受け取れない可能性があります。

【FLR特別入庫概要】
銘柄:フレア(Flare/FLR)
期間:2023年2月14日~終了日は未定
数量:30,000FLR以上(当初100,000FLR以上から段階的に引き下げ)
入庫手数料:無料
入庫反映タイミング:入庫が確認でき次第FLRトークン残高システムへ反映





参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました