スポンサーリンク

フィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
仮想通貨
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、仮想通貨関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【フィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説】



FiNANCiE(フィナンシェ)が発行するフィナンシェトークン(FNCT)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

スポンサーリンク

FiNANCiE(フィナンシェ)とは

FiNANCiE(フィナンシェ)とは、株式会社フィナンシェが運営しているブロックチェーン技術を活用したトークン発行型のクラウドファンディング&コミュニティサービスであり、スポーツクラブやクリエイターがファンと共に夢や目標を実現するためのコミュニティおよびエコシステムを構築するプラットフォームとなっています。

フィナンシェは「Community/Club/Creator token(CT)」によってクリエイターとファンに最大限の利益を還元する仕組みを提供しており、スポーツクラブやクリエイターは「オーナー」としてトークンを発行することが可能、それを購入するファンは「サポーター」としてコミュニティを構成するメンバーになることができます。

Community/Club/Creator token(CT)は一般販売に加えてセカンダリマーケットでも取引されるため、継続した経済活動が行われ「トークンエコノミー」が成立し、オーナーはトークン販売だけでなくマーケット取引手数料でも継続的に成長資金を獲得することが可能、サポーターもトークンを売買できるため、オーナーの活動でトークン価格が値上がりした場合にトークン売却で値上がり分の価値を享受することができる仕組みとなっています。

FiNANCiEはトークンエコノミーにおける全ての取引を「FiNANCiE Lightning」と呼ばれるレイヤー2のオフチェーン&オンチェーン融合ソリューションを通してイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンに記録しています。

また、FiNANCiEはブロックチェーン上で取引可能なERC20トークン・ガバナンストークンである「フィナンシェトークン(FNCT)」も発行しており、FNCT保有者にFiNANCiEに影響を与える力を与えることによって、分散型自律組織(DAO)の要素も取り入れています。

フィナンシェトークン(FNCT)とは

フィナンシェトークン(FNCT)とは、株式会社フィナンシェがイーサリアムブロックチェーン上で発行する暗号資産・プラットフォームトークン・ERC20トークンです。FNCTはFiNANCiEで発行されているコミュニティトークン同士を効果的に繋げ、コミュニティトークンの価値を長期的に向上させるためのプラットフォームトークンとしての役割を担っており、FiNANCiEに影響を与えることができるガバナンストークンとしての機能も有しています。

具体的には、FiNANCiEのユーザーに報酬として付与されたり、FiNANCiE上の優良なコミュニティが継続的に成長するためのインセンティブとして活用されるように設計されており、以下のような複数のユーティリティを備えています。

◆ガバナンス
ステーカーは、FNCTエコノミーを成長させるためのガバナンス(投票活動)に参加することが可能。投票者はIPFSに書き込まれた議案に関して、スマートコントラクトに投票内容を書き込むことで投票することができる。投票活動は、不定期に実施され、専用のWebサイトやSNS等を通じてFNCT保有者に事前告知される。(2023年春ローンチ予定)

◆CT購入(消費)
FNCT保有者はCTの初期売出期間等において、FNCTを使ってCTを購入する際に必要となるFiNANCiEポイントを決済することができる。
このようにFNCTをFiNANCiEポイントを購入する際の決済手段として使用することで、通常よりも多くのCTを購入でき、FNCT保有者にとってメリットがある。(2023年内にローンチ予定)

◆グレード特典
グレード特典はFNCT保有者が保有数を宣言することで、保有数に応じた特典を受けることができる機能。
保有数が多いほど高いグレードが付与され、FiNANCiE上の決済においてグレードに応じた優遇を受けられる仕組み。(2023年内にローンチ予定)

◆コミュニティドネーション
FNCT保有者が自身の保有するFNCTを特定のコミュニティに寄付できる機能。
対象コミュニティと量を指定して寄付すると、そのコミュニティのオーナーが設定する受け取り用のウォレットに、指定された量のFNCTが直接送付され、この寄付の事実がFiNANCiE上に記録・表示される。
寄付できるのは受け取り用のウォレットが設定されているコミュニティに限られる。(2023年内にローンチ予定)

フィナンシェ(FiNANCiE/FNCT)の特徴

FiNANCiE(フィナンシェ)やフィナンシェトークン(FNCT)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

FiNANCiE Lightningで快適な取引環境を提供

仮想通貨業界には、取引の増加などによって送金遅延やガス代高騰(送金手数料の高騰)などの問題が起きる「ステーラビリティ問題」と呼ばれる問題がありますが、FiNANCiEはレイヤー2ソリューションである「FiNANCiE Lightning」を活用することによってそのような問題が二次流通マーケットに波及しないようにしています。

FiNANCiEはスポーツ・エンタメ・クリエイター・インフルエンサー・個人など様々な分野でトークンを発行しているため、今後も各種トークンやFNCTの取引は増加することになると予想されますが、「FiNANCiE Lightning」の仕組みを採用することによって快適な環境で長期的にトークンを売買できると期待されています。

世界で注目されるファントークンの仕組み

仮想通貨・ブロックチェーン技術の普及に伴い、現在は世界中でスポーツ分野を中心に「ファントークン」と呼ばれるクラブ・チーム独自のトークンが続々と発行されていますが、FiNANCiEも2021年1月に「湘南ベルマーレ」と提携して国内初のプロサッカークラブトークンを発行、その後は野球・バスケットボールなど様々な分野で複数のトークンを発行しています。

このようなファントークンは「スポーツクラブ・チームとファンの繋がりを強化して、ファンに様々な報酬を還元できる新しい仕組み」として注目されており、世界中で非常に多くのクラブ・チームがファントークンを発行しているため、FiNANCiEもそのようなクラブトークン発行の基盤として広く利用されていくと期待されています。

四半期に一度の「買い戻し&バーン」

FiNANCiEは、フィナンシェトークン(FNCT)の流通量を調整して価値を下支えするために、四半期に一度FNCTを市場から買い上げる「Buyback」を実施します。買い上げの原資はFiNANCiEのCTマーケットプレイス取引手数料の内、発行者が収受する収益の20%を上限とし、Buybackスケジュールと実績については専用Webサイトで報告・開示されます。

買い戻されたFNCTの一部は報酬プールに移して残りはバーン(焼却処分)される仕組みで、Burnする量は実施の都度、その時点におけるFNCT市場流通量の1%を上限とする予定、『Burnは総発行量の50%を上限とし、これを超えて焼却することはない』とも説明されています。Burnの実績についても専用Webサイトで各回の実施状況がアナウンスされます。

フィナンシェ(FiNANCiE/FNCT)の基本情報

プロジェクト名称FiNANCiE(フィナンシェ)
トークン名称フィナンシェトークン
ティッカーシンボルFNCT
発行者株式会社フィナンシェ
基盤ブロックチェーンイーサリアム(Ethereum)
トークン規格ERC20
総発行枚数20,000,000,000 FNCT
IEO販売枚数2,600,000,000 FNCT(総発行枚数の13%)
IEO実施業者Coincheck IEO(コインチェック)
初回IEO販売価格0.41円/FNCT
概要

フィナンシェトークン(FNCT)を取扱う暗号資産取引所

フィナンシェトークン(FNCT)の取引が可能な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2023年2月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
Coincheckコインチェック)2023年2月21日からIEO開始

【海外の暗号資産取引所】
・未上場

コインチェック

フィナンシェ(FiNANCiE/FNCT)関連リンク

FiNANCiE公式サイト
FiNANCiE公式Twitter
FiNANCiE公式YouTube
FiNANCiE公式Discord
FiNANCiEのiOS版アプリ
FiNANCiEのAndroid版アプリ
FNCTホワイトペーパー

コメント

タイトルとURLをコピーしました