スポンサーリンク

スターバックス:NFTコレクション「The Siren Collection」リリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【スターバックス:NFTコレクション「The Siren Collection」リリース】



Starbucks(スターバックス)のWeb3ロイヤリティプログラムである「Starbucks Odyssey」は2023年3月10日に、スターバックスのロゴにも使用されている人魚のシンボル「サイレン」をモチーフにした2,000個限定のNFTコレクションである『The Siren Collection』を発売しました。

スポンサーリンク

2,000個限定のNFTコレクションを販売

Starbucks(スターバックス)のWeb3ロイヤリティプログラムである「Starbucks Odyssey」は2023年3月10日に、スターバックスのロゴにも使用されている人魚のシンボル「サイレン」をモチーフにした2,000個限定のNFTコレクションである『The Siren Collection』を発売しました。

Starbucks Odyssey(スターバックス・オデッセイ)は、ポリゴン(Polygon/MATIC)のブロックチェーンやNFTの技術を活用してWeb3体験を提供するスターバックスの新サービスであり、昨年12月に一部顧客向けにベータ版テストを開始、現在はNFTスタンプである「Holiday Cheer Edition 1 Stamp」など複数のNFTが発行されています。


今回新たに発売された『The Siren Collection』は同社のシンボル「サイレン」をモチーフにした2,000個限定のNFTコレクションとなっており、販売価格は100ドル(約13,500円)、Starbucks Odysseyの会員は2個づつ購入することが可能で、クレジットカードや仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)を接続して購入することができたと報告されています。

NFTは即完売、現在は「Nifty Gateway」で取引可能

『The Siren Collection』は一般販売されておらず、一部の招待者のみに購入権が付与されていたものの、販売開始からわずか18分ほどで全てのNFTが完売したとのことで、現在はNFTマーケットプレイスである「Nifty Gateway」で二次販売が開始されています。

このNFTの販売価格は100ドルであったものの、記事執筆時点における「Nifty Gateway」でのフロア価格は443ドル(約59,800円)、平均販売価格は494ドル(約66,700円)となっており、今回のNFT販売や価格上昇は海外メディアでも多く取り上げられています。

Starbucks Odysseyで発行されているスタンプNFTの保有者には「バーチャルなエスプレッソマティーニ作り教室・ユニークな商品やアーティストとのコラボレーションへのアクセス・スターバックスリザーブロースターでの限定イベントへの招待・コスタリカのスターバックス ハシエンダ アルサシア コーヒー農場への旅行」などといった様々な特典が提供されることになっており、これらのNFTコレクションはクレジットカードでも購入できるため、今後幅広い顧客に購入・保有されていく可能性があると期待されています。

スターバックスが発行している各種NFTは「Nifty Gateway」で取引可能で、その他のNFTコレクションも高値で取引されているため、今後の動向などには注目が集まっています。

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました