スポンサーリンク

Sparkles「Flare Network初のNFTプラットフォーム」提供開始

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【Sparkles「Flare Network初のNFTプラットフォーム」提供開始】



フレアネットワーク(Flare Network/FLR)は2023年3月2日に、NFTマーケットプレイス「Sparkles」がFlare Network上で初となるNFTマーケットプレイスの提供を開始したことを発表しました。
「Sparkles」は複数のネットワークに対応したNFTプラットフォームであり、「Bifrost Wallet」などのウォレットを接続して利用することができるようになっています。

スポンサーリンク

Sparklesが「Flare Network」に対応

フレアネットワーク(Flare Network/FLR)は2023年3月2日に、NFTマーケットプレイス「Sparkles」がFlare Network上で初となるNFTマーケットプレイスの提供を開始したことを発表しました。

「Sparkles」は様々なNFTコレクションを売買することができるNFTマーケットプレイスであり、Flare Networkの公式発表では、Flare Networkのカナリアネット(実験的なネットワーク)である「Songbird」でNFT販売の90%以上を処理してきたNFTマーケットプレイスであるとも説明されています。

今回新たにFlareがサポートされたことによってSparklesは「Flare Network上で初めてのNFTマーケットプレイス」になったとのことで、Flare Networksの共同創業者兼CEOであるHugo Philion(ヒューゴ・フィリオン)氏は公式発表の中で『SparklesがFlare上のNFTイノベーションの境界を押し広げ、デジタルアーティストをサポートすることを期待している』とコメントしています。

Sparklesは、Flare上で初のNFTプラットフォームです。

『Sparklesがコミュニティ所有のプラットフォームとなり、Flare上のNFTイノベーションの境界を押し広げ、デジタルアーティストの旅をサポートすることを期待しています。』Hugo Philion

NFTマーケットプレイス「Sparkles」とは?

「Sparkles」は複数のブロックチェーンネットワークに対応した自己管理型ウォレットを接続して利用するタイプのNFTマーケットプレイスとなっており、主流の仮想通貨ウォレットであるMetaMask(メタマスク)に加えて「WalletConnect」にも対応しているため、Flare関連トークンの管理で広く利用されている仮想通貨ウォレット「Bifrost Wallet」を接続することも可能となっています。

ウォレット接続は「Sparkles」公式サイトに表示されている「Connect Wallet」のボタンから行うことが可能で、Bifrost Walletを接続する場合はBifrost Walletアプリの設定画面から「Connect Wallet」を選択して、Sparkles公式サイトの「Connect Wallet」をクリックすると表示されるQRコードをスキャンすることによって接続することが可能となっています。

スマートフォンから「Sparkles」に「Bifrost Wallet」を接続する場合は、Bifrost Walletのブラウザ機能から「Sparklesの公式サイト」にアクセスして、画面右上のメニュー画面にある「Connect Wallet」から「Bifrost」を選択することによってウォレットを接続することが可能です。

Flare Networksの公式発表によると、Sparklesは「NFT所有者のためのNFT知的財産権の問題」にも取り組んでいるとのことで、『近日発売予定のDOTMコレクションオンチェーンIPライセンシングを取り付けることで、NFT所有者の知的財産権問題に取り組んでいる』と説明されています。

なお、Sparklesは2023年3月時点で3,200種類以上のNFTコレクションを提供して、1日あたり平均176個のNFT売買を処理しているとのことで、SNFTトークンと呼ばれるトークンをローンチして分散型自律組織(DAO)に移行することも予定、これによってSparklesのコア技術とインフラは分散化される予定だと報告されています。




参考元はこちら

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました