スポンサーリンク

京都府亀岡市:「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA-亀岡バーチャルヒストリア-」本日公開

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
メタバース
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、国内メタバース関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【京都府亀岡市:「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA -亀岡バーチャルヒストリア-」本日公開】



京都府亀岡市は、市の歴史文化を発信するメタバース空間「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA-亀岡バーチャルヒストリア-」をはじめとする、「⻲岡市デジタル文化資料館構築事業」で制作中のデジタルプラットフォームを2023年3月29日から公開いたします。
亀岡市文化資料館エントランスページURL:https://museums.city.kameoka.kyoto.jp/entrance/


「⻲岡市デジタル文化資料館構築事業」は、亀岡市が、地域に眠る様々な魅力をデジタルの活用により適切に保全するとともに可視化し、より多くの人に最大限届けるべく推し進めている文化事業です。
本事業では、仮想空間上で亀岡市の歴史や自然・文化資源に触れることができるメタバース空間「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」や、市内で守られている文献、仏像、芸術作品等の文化遺産をデジタルアーカイブ化した「データベース」、またそれらにアクセスするプラットホームとなるホームページの制作を行なっています。
近年、メタバース技術は、ビジネス分野に留まらず、地域振興や観光誘致の観点からも注目が集まっています。亀岡市のメタバースは、ハイクオリティ・エンターテインメント・ユーザーフレンドリーの3つをキーワードに、「学び」の要素と「遊び」の要素をかけ合わせ、“亀岡ならでは”の体験の提供を目指しています。

スポンサーリンク

亀岡の歴史文化を楽しみながら知り、学ぶ「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA -亀岡バーチャルヒストリア-」

「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」は、亀岡市文化資料館が所蔵する文化財をはじめ、市内各地の伝統芸能・祭事・風習・自然などの歴史文化資源を再現したメタバース空間です。
現在はみられない⻲山城天守や御殿などの江戸時代の亀岡の街並みを舞台に、参加者は各所にちりばめられた歴史資料を集めることで、地域にまつわる歴史に触れることができます。
アプリ等のインストールは必要とせず、お手持ちのデバイスから誰でも手軽にアクセス可能です。

「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」URL:https://museums.city.kameoka.kyoto.jp/metaverse

ハイクオリティ/エンターテイメント/ユーザーフレンドリーをキーワードに、
“亀岡ならでは”の体験価値を提供
本コンテンツでは、参加者同士の交流を目的としたメタバース空間とは違い、クエスト型のゲームに似たストーリー性を付加することで、訪れた方が一人でも長時間楽しめるような体験設計を取っています。
また、文化財をデジタルアーカイブ化するだけではなく、リアリティのあるハイクオリティな世界観にこだわり、時間と空間を超えたアクティビティを通して高い没入感と体験満足度を創出しています。

「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」楽しみ方/ストーリー
【ストーリー】
亀岡市文化資料館からの依頼で、亀岡の歴史を収集するための”HISTORIA-歴史書-”を完成させる事になった主人公は、過去の亀岡にタイムスリップする時空の旅へ。
過去の亀岡に散らばった「歴史物語の破片」を集め、「亀岡の歴史物語」を完成させることが主人公に与えられたミッションです。
また、「歴史物語の破片」以外にも、「文化遺産」「自然」「暮らし」といった様々な情報を撮影し、「図鑑」を充実させていくと「歴史ハンターとしての称号」が与えられます。
参加者は「歴史ハンター」として自分だけの「HISTORIA」をつくりながら、亀岡をめぐる旅を楽しみます。

【楽しみ方】
① 「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」ランディングページからアクセス
② お好きなアバターを選択
③ 過去の亀岡を巡る旅へ
参加者は「歴史ハンター」として「歴史物語の破片」をはじめとする様々な情報を収集します。
また、メタバース空間上の人に話しかけたり写真を撮ったりすることも可能です。

旅の舞台となる5つのエリア
メタバース空間は亀岡市の自然・歴史・文化を象徴する「丹波亀山城」、「保津川」、「丹波国分寺跡」、「福壽山金剛寺」、「霧の宝物殿」、「棚田の村」などのエリアに分かれています。
参加者はこれらのエリアを自由に行き来し、時空を超えて亀岡の魅力に触れることができます。

【エリア紹介】※一部抜粋
「丹波亀山城」

現在はみられない丹波亀山城や、
丹波の中心地としての亀岡の歴史を伝えます。


「霧の宝物殿」

丹波中心地で育まれた仏教文化を知るとともに、
亀岡市に現存する仏像に触れるエリアです。


「福壽山金剛寺」

亀岡の出身で、「日本写生画の祖」とも呼ばれた
円山応挙と美術史について学ぶことができます。


「保津川」

丹波山地東部を源流として亀岡市を通り、
京都市嵐山へとそそぐ保津川は、
古くから輸送路としての役割を果たしました。
亀岡の豊かな自然と物資の輸送による都との関わりを紐解きます。


「棚田の村」

過去の亀岡の人々の暮らしにフォーカスし、
当時の生活から亀岡の四季の魅力を伝えます。

「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」開発責任者

株式会社stu リードエンジニア 青木雄斗 コメント
「どうしたら亀岡を知らない人に興味を持ってもらえるのか」を考えたとき、いま、世界でメタバースが「新しいもの」とされている時代だからこそ、メタバースを活用することに大きなメリットを感じました。
本来、歴史とメタバースはあまり近いところにないコンテンツかもしれませんが、今回のプロジェクトで思い切ってその二つをつなげたことで、じつは非常に親和性が高いことを我々も再認識しました。
「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」が若い世代に届いて、亀岡の魅力を知ってもらうことはもちろん、歴史を知ることを楽しいものとして認識していただけたら嬉しいです。

亀岡市で守られている文化遺産の数々をデジタルアーカイブ化

亀岡市文化資料館をはじめとする、市内各所に所蔵されている文化遺産をデジタルアーカイブ化した「データベース」の制作を進めています。
データベースには、文献のみならず仏像や芸術作品、出土品等の立体物も、精緻なデジタルデータとして所蔵されており、亀岡市文化資料館のホームページからアクセスが可能です。
また、「KAMEOKA VIRTUAL HISTORIA」とも連携し、メタバース空間内で文化財を収集するとデータベース内の情報を閲覧することができます。
2022年に博物館法が改正され(2023年4月1日施行)、博物館の事業として、デジタルアーカイブの作成と公開が明記されましたが、亀岡市デジタル文化資料館事業では、最先端の撮影・スキャンニング技術を駆使することで、空間を超えたよりリアルな博物館体験を提供します。


データベースURL:https://museums.city.kameoka.kyoto.jp/database

亀岡市長 桂川 孝裕 コメント

豊かな自然に恵まれた亀岡市には、古くから、丹波国の中心地として栄えてきた歴史と文化が息づいています。
歴史ある仏像が数多く伝わり、円山応挙の芸術が育まれ、明智光秀ゆかりの城下町のたたずまいが色濃く残っています。
この亀岡の素晴らしい自然や歴史的文化財の数々を、国内外の人々に伝え、さらに未来に伝えていきたいと考えています。
亀岡から新たな文化体験を提案する、市としても大きな挑戦です。
まずは、多くの皆さんに、メタバースで亀岡を知っていただき、リアルな亀岡のファンになっていただきたいと思います。

亀岡市では、今後もデジタル文化資料館内のコンテンツの充実化を図ることで、市の魅力や文化遺産を適切に保護・保全していくことで、誰もが空間を超えてアクセスでき、また次世代の人材育成につながる環境づくりを進めてまいります。

京都府亀岡市

京都市の西隣りに位置する京都府内有数の農地を誇る亀岡市は、京に都が置かれる以前の奈良時代から豊穣の地として注目され、丹波国分寺・国分尼寺が置かれました。
また、亀岡市は、古都・京都よりも歴史が古く、足利尊氏や明智光秀が亀岡の地から動き、日本の歴史の変革期の起点となったことも知られています。


・公式HP:         https://www.city.kameoka.kyoto.jp/
・亀岡市観光協会公式HP:https://www.kameoka.info/
・Instagram:      https://www.instagram.com/kameokacity/
・Facebook:      https://www.facebook.com/kameokacity
・YouTube:        https://www.youtube.com/channel/UC23WSIrQkF4j5Aip5fLZmzQ

株式会社stu

株式会社stuは、グローバルレベルのスピードとアイディアを持って、新たなエンターテイメントを創造するコンテンツメーカーです。
世界基準のワークフローを導入した独自のコンテンツ開発力と、センシング/通信/映像表現分野を高次元で兼ね備えた技術力をワンストップで統合し、あらゆる市場に対応したコンテンツ・サービスを生み出してまいります。


・公式Twitter:https://twitter.com/stuinc_     
・公式Facebook:https://www.facebook.com/stuinc00
・公式HP:https://stu.inc/




参考元はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました