スポンサーリンク

DEP・NFT活用した新作ゲーム「ロストアーカイブプラス」登場

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
スポンサーリンク

こんにちは、最新情報屋みきまるです。


今回は、国内NFT関連の最新ニュースをお届けします。
今回の内容はこちら!
【DEP・NFT活用した新作ゲーム「ロストアーカイブプラス」登場】



ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を活用したGameFiプラットフォーム「PlayMining」を運営しているDigital Entertainment Asset(DEA)は2023年4月6日に、PlayMining上で提供される新作ゲーム『ロストアーカイブプラス』が2023年5月下旬にローンチされることを発表しました。

スポンサーリンク

Lost Archive +(ロストアーカイブプラス)とは?

Lost Archive +(ロストアーカイブプラス)は、クローバーラボ株式会社が開発・提供する対戦型戦略ゲームであり、多種多様なカードからデッキを構成して選択する「カードゲーム」の特徴と、カードをマスで区切られたフィールド上に配置する「ボードゲーム」の特徴を併せ持つ新感覚のオンラインカードゲームとなっています。

DEPを獲得できるPlay to Earn(P2E)形式

このゲームは、ゲームをプレイすることによって仮想通貨DEPを獲得することができるPlay to Earn(P2E)形式のゲームとなっており、ロストアーカイブプラスのNFTカードを所有することによってより有利にDEPを獲得できる仕組みとなっています。

NFTカードはPlayMiningのNFTマーケットプレイスである「PlayMining NFT」で購入できるほか、「ゲーム内のカードパック購入」や「所持しているカードのNFT化」で獲得することも可能で、スカラーシップを利用するとNFT保有者から借りることもできるため、NFTを所有していないプレイヤーもNFTオーナーからNFTを借りてゲームを有利にプレイすることができます。

NFTカードは現実世界のカードのように売買したり、貸したり借りたりすることができるため、NFTカードの売却や貸出などでも報酬を獲得することができます。

カードゲームとボードゲームを合わせたゲームシステム

ロストアーカイブプラスは、カードとボードを駆使して戦う本格オンラインカードゲームで、ユーザーはブラウザからプレイすることが可能、ターン制のバトルで対戦相手と戦って、相手の体力を0にすると勝利を手にすることができます。

ゲーム内で登場するカードには、フィールドに配置するキャラクターで様々なスキルを持つ『ミニオン』、様々な効果を発揮する魔法カード『スペル』、フィールドに設置して破壊されるまで効果を発揮する『レリック』の3種類が存在します。

実際のバトルには将棋や囲碁のようなボードゲームの要素も組み込まれているため、自分のミニオンで相手のミニオンを挟むことによってダメージを与えたり効果を発揮できる『狭撃』や、自分のミニオンを1列に並べることでカードを強化できる『結信』を上手く活かして戦うことが重要となっています。

オリジナルデッキを共有できる「デッキ共有機能」

ロストアーカイブプラスには、自分が作成したオリジナルデッキをゲーム内で共有できる『デッキ共有機能』も搭載されているため、共有されているデッキ構成を使用してゲームをプレイすることもできます。

デッキ作成者は『デッキビルダー』と呼ばれており、デッキが使用された回数に応じたランキングである『デッキビルダー』のランキングも用意されています。

初心者は上級者のデッキ構成を利用することによって手軽にバトルの醍醐味を体感することが可能で、上級者は様々なプレイスタイルのデッキを作成する『デッキビルダー』として活躍することもできます。

なお、2023年4月下旬にはNFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」でロストアーカイブプラスのNFTカードが先行販売される予定で、このNFTカードはゲームローンチ後にゲーム内で使用することもできると説明されています。


『ロストアーカイブプラス』の詳細はこちらの公式サイトから確認することができます。

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報屋みきまるをフォローする
スポンサーリンク
Web3専門ニュースメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました